「これも全部あの夏のせい」19話ネタバレ&あらすじ

一般

「これも全部あの夏のせい」はズズズキュン!に連載中のBSさん先生の作品です。

容姿、スペック、金と何一つ自慢できるものはない大学生の青年のひと夏の青春が描かれた作品です。

青年男子の純粋な恋や下心との葛藤が絶妙のシチュエーションでコミカルに表現され、面白くもあり、切なくもある青春時代の胸のざわめきを味わえますよ。

それでは、19話のあらすじや感想をお伝えします。

その前に、文字だけでは漫画の良さが半減しますので、特にこれも全部あの夏のせいはフルカラーで綺麗な女性のセクシーな画が見どころの一つです。

ぜひ漫画の方で画と一緒にご覧ください。

FODU-NEXTなら簡単な方法で数冊無料で読むことができるのでお勧めです。

前回のあらすじ

スミレを信じるといってさゆりと別れた大吾だったが、スミレの家に行くと先に帰ったはずのスミレはいなかった。

大吾の脳裏にさゆりの言葉がよぎり、一人ヤケ酒を飲む。

そこへさゆりから電話が入り愚痴りながら二人で飲み、気づくとホテルで寝ていた大吾。

記憶が曖昧でトイレに入ると裸のさゆりがいて驚く。

酔ってさゆりとヤってしまったらしいことがわかる。

酒の過ちと謝ろうとした大吾だったが、ベットに裸で横たわるさゆりを見ると、欲望は抑えられなかった。

「これも全部あの夏のせい」第19話のあらすじ

ホテルを出るとさゆりは別れ際に「また連絡するわ」と言って大吾は呆然と見送る。

これからさゆりの連絡を断れるか自信はなかった。

あれだけヤったのにさゆりを思い出すだけで股間が膨らんだ。

こういう時は小さい奴が羨ましいと思った。

スミレとはどうしたらいいのか悩んだ。

瑛太と会っていたのなら、別れたいと思った。

スミレなしで生きていけるのか?とも思った。

そんな時にスミレからメールで美味しい物でも食べようとメッセージが入る。

別れ話だったらどうしようと思いながらランチをした。

別れ話ではなかった、大吾はスミレなしで生きていけないと思い、自分からは言えなかった。

スミレが出掛けたり、連絡がとれないと、瑛太と会ってると思ってやるせなかった。

しばらく我慢したが、結局耐えられず大吾から別れを切り出す。

「別れよう」

「何で?」

それはお前が一番分かっているだろうと思った。

「気持ちが覚めたんだ。」

「後悔しない?」

後悔しないだと、二股かけてるくせにと思った。

「後悔しない」といいきる。

バチンと大吾の頬をはたきスミレは立ち去る。

大吾はその足でさゆりの部屋に向かい、玄関に入るや否やズボンを下ろしさゆりを激しく求めた。

スミレは大吾と別れた帰り道、3人で会った時のことを思い出していた。

大吾がさゆりのメールで席を立ったとき、瑛太との会話は、瑛太がスミレと会いたくて大吾を利用していたのだった。

一度二人で会ったのも大吾一筋であることを伝えるためだった。

先に帰ると言って部屋にいなかったのも、瑛太に大吾を1人にしたらどうなるか、見て見なといわれて様子を伺っていたのだった。

スミレは全て知っていたのに大吾に尽くしていた。

大吾はその事を知るよしもなかった。

大吾がさゆりとヤっているとき、スミレは1人、公園のベンチで声をあげて泣いていた。

「これも全部あの夏のせい」第19話の感想

大吾はアレはでかくても懐の小ささがでました。

それに比べスミレは誤解されてかわいそうです。

全て知っているのに何も言わず尽くし本当に大吾が好きだったのでしょう。

最後のシーンは見ていられませんでした。

大吾がこのことに気づき後悔することになるでしょう。

よりを戻せるのか、このまま別れるのか。

最後はハッピーエンドになりそうな気がします。

まとめ

「これも全部あの夏のせい」第19話のあらすじ、感想はいかがでしたか

次の展開が気になってしょうがありません。

19話もさゆりさんのセックスシーンが見られるので画と一緒に見ると3倍興奮しますよ。

「これも全部あの夏のせい」を無料で読む方法はこちら

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました