「猛毒女(もうどくおんな)」を無料で読む方法

漫画を無料で読む方法

「猛毒女」は毒女コミックに掲載中の高村しづ先生の作品です。

シングルマザーの恵美子は生活のために、出会い系サイトで男を騙したり誘惑したりして金を稼いでいた。

そんな中、解体作業員アキラに一目ぼれして身も心も尽くす用になり、アキラの姉が重度の障害であることを知る。

姉の存在が煩わしくなった恵美子は、出会い系で知り合った慎之介を使い恐ろしい計画をさせるのだった。

愛で蠢き、愛で生き、愛で逝く、猛毒女の生きざまが描かれた作品です。

そんな、「猛毒女」を無料で読む方法をリサーチしたところ、簡単なステップを踏むだけで無料で読む方法がありました。

お金を出してまで読むのはちょっと・・・と購入に躊躇した人はお試しください。

U-NEXTで「猛毒女(もうどくおんな)」を無料で読む

U-NEXTは国内最大手の動画配信サイトで月額1990円で見放題の動画が2000作品以上あり、雑誌やアニメなども見れるのが売りのサイトです。

コスパが良く登録するユーザーが多い為か、1か月の無料トライアル期間を設けています。

無料トライアルに申し込めば、1か月の間U-NEXTを堪能できる上に無料トライアル登録時に有料コンテンツが使用できるポイントを600円分付与されるので、そのポイントを使用すれば電子書籍の購入も可能となっています。

「猛毒女」は1巻が162円で購入できすぐに読めるのでお試しください。

無料トライアル期間中に退会すれば月額料金は発生しません。

利用すれば、コスパの良さがわかります。

月額料金1990円の内訳は、ビデオ見放題サービスが990円、雑誌読み放題が500円、1200円分のポイントが500円となっています。(サービスは単独での契約はできません)

1990円で新作映画やマンガなどに使える1200円分のポイントが貰え、見放題作品(更新されていくので飽きない)の動画、雑誌の最新号が見れるんですよ。

無料トライアル期間はいつまで続くかわかりませんので、終わってしまい失敗したと後悔するより、今すぐ申し込んで「猛毒女」を読むほうが賢いですよ。

>>>U-NEXTの無料トライアルに申し込む

FODで「猛毒女(もうどくおんな)」を無料で読む

結論から言いますが、FODという動画配信サイトに登録し、トライアル期間中に付与されるポイントを利用することで「猛毒女」を無料で読むことができます。



FODはフジTVが運営する動画配信サイトです。

フジTV系列のドラマはもちろん、他の人気ドラマや映画、アニメなども配信されており、中には無料登録で利用できるコンテンツもあります。

「猛毒女」を無料で読むには、FODプレミアムのトライアル期間を利用します。

FODプレミアムは月額888円で見放題となる配信作品がある上に有料コンテンツに使えるポイントが毎月1300ポイント貰えるからです。

ポイントは登録時に100ポイント、8のつく日に400ポイントもらえますよ。

プレミアム会員は購入時に20%のポイントがあるのでさらにお得です。

「猛毒女」は2019年6月21日時点で1巻は無料、2,3巻が各150ポイントで購入できるので付与されるポイントで全巻読めます。

残ったポイントは他の漫画を読んでも良いし、気になる動画を見るのにも使えますね。

トライアル期間は31日あり、その間は月額料金がかからずにサービスを利用できますよ。

申し込みから31日が過ぎると料金が請求されますが、その前に退会も可能です。

888円で毎月1300円分使えるので、本、雑誌、DVDレンタルなどに900円以上使っているという人は損をしているかもしれませんよ。

FODを利用すれば、同じ金額でもう一冊漫画が買えたり、もう一作映画が見れるんですから。

退会しても違約金は発生しないので、まずは利用して見てください。

>>>FODの登録はこちら

「猛毒女(もうどくおんな)」を無料で読めるアプリはある?

「猛毒女」を無料で読めるアプリをリサーチした結果、2019年6月21日時点ではみつかりませんでした。

しかし、FODやコミックシーモアでは2019年6月21日時点では1巻が無料で読むことができました。

期間限定などで読めないこともあるので、興味のある方はサイトでご確認ください。

「猛毒女」のあらすじ

産婦人科クリニックに呻きながら訪れた恵美子。

すでに破水しておりボタボタと出血、生まれる寸前のところだった。

おぎゃぁ、おぎゃぁと赤ちゃんは生まれた。

たとえ、望んでいなくても生まれるのだ。ヤればできる。

赤ちゃんが泣きわめきあやす恵美子に「うるせぇぞ!黙らせろ!」という男。

男は「そんなのにかまってないで、俺の相手しろよ」と強引に恵美子を抱こうとする。

「ちょっと、まだ痛いんだって、産むときに切ったから縫って今したら切れちゃう」というのも無視して強引に求める。

「あっ、せめてゴム使って!またできちゃう」

おぎゃぁ、おぎゃぁと泣く赤ちゃん。

男は後ろから恵美子を突いた。

そうだ、ヤれば子供はできる。それぐらい私は若い、若い女なのだと思った。

男は事が済むと恵美子の生活費を持ってパチンコに行った。

「返してよ!」と引き止める恵美子を突き飛ばし「勝手に生みやがって」と捨て台詞をはいて出ていく男。

恵美子は赤ちゃんを連れて出ていくことにした。

私はまだ若い、この武器を使えばまだ逆転できるはず、金も愛もすべて手に入れてやると思った。

赤ちゃんを連れて向かった先は実家だった。

兄夫婦が「どの面下げて帰ってきた恵美子。ガキ連れてくればおいかえされんとでも思ったか!」と厄介扱いされる。

父親が「困り果てて頼ってきたんだ、入れてやりぃ」というと兄嫁が「お養父にいう権利なんかない、女作って出て行って自己破産してお養母に土下座して居候してるあんたが何を言う!」と一蹴する。

お養母が「名前は?女の子か?」

恵美子は「ラン」と答える。

「ランちゃんか、ラン、いらんのランや」

「離れを使いな、そこならいいやろ、なぁ達也」

ランのおかげで何とか居場所ができた。

使えるものは何でも使ってやる、こどもでも・・・と思った。

恵美子は出会い系の会員を集める仕事に就いた。

出会い系サイトのサクラは犯罪のグレーゾーンだったが、稼げればどうでもよかった。

伝言板に肉声を録音して相手とやり取りして、勧誘すればお金になる。

より賢くてずるいやつがお金を手にできる。世の中そんなもんだってことは身に染みて解っていた。

早速、複数の名前で伝言を残していく恵美子だった。

そうした生活が続き4年が経っていた。

ランも年の数だけ成長していた。

恵美子は次のカモを見つけたところだった。

25歳の整備工、慎之介という男だ。

彼はバツイチでその経験があるから女性に優しくして、尽くしたいといっていた。

仕事もまじめで、工場長にシフトチェンジを頼まれても断れないお人よしだった。

恵美子はユカリンの名前でやり取りしていた。

真面目な慎之介は恵美子の話術で、すっかりユカリンに夢中になっていた。

そしてついにユカリンに会いたいと言ってきたのだった。

まとめ

「猛毒女」を無料で読む方法はいかがだったでしょうか。

U-NEXTFODに登録すると無料で読めます。

この機会にお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました