「隣のJKに脅されて入り浸られてます」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

⇓⇓⇓実質無料で読むならここ⇓⇓⇓

「隣のJKに脅されて入り浸られてます」は愛玩☆実験室に掲載されたゆきよし真水先生のオトナ作品です。

隣の家の母子喧嘩の騒音で不眠に悩まされた冴えないオッサンがいた。

腹いせに隣の家のJkサヤカのスカートの中を覗いたオッサンだがサヤカに見つかり、お金を渡し見逃してもらう。

解決したと思ったのも束の間、サヤカは毎日のようにオッサンの家に入り浸りお小遣いをせびるのだった。

ある日、サヤカがオッサンの家で爆睡。

無防備なサヤカの姿に魔が差したオッサンは・・・

禁断のJk睡眠姦。

現実では逮捕確定の妄想ストーリーは必見です。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

「隣のJKに脅されて入り浸られてます」1話のネタバレ

⇓⇓⇓すぐに無料で試し読み⇓⇓⇓

イヤホンをしてスマホを見ながらマンションの階段を上るJK。

そのJKの後を付いていく怪しいオッサンがいた。

JKを階段の下から覗くと短いスカートから、肉付きの良いムチピチの尻に食い込んだドット柄のパンティが見て取れた。

オッサンは息を荒くしてJKのパンティーや綺麗でしなやかな太ももを凝視した。

オッサンがこんなことをするのには訳があった。

オッサンは冒頭のJKの家の母子喧嘩の騒音で不眠に陥っていて、医者にかかるくらい滅入っていたのだ。

強い薬をもらっても眠れないくらい、深夜でもうるさくて頭に来たオッサンは、せめてもの仕返しにと隣の家のJKのパンティーを覗いていたのだ。

人の気配を察したのか右手を後ろに回しスカートを抑えるJK。

オッサンは生意気に隠すんじゃねぇと心の中で憤った。

その時、JKがいきなり振り返りオッサンと目が合う。

目が合った瞬間ゾッとする嫌な予感がオッサンの脳裏を駆け巡るが時すでに遅し。

明らかな覗き行為を目撃されて弁明の余地はなかった。

オッサンの家でJKは免許証を見ながら、隣人が変態とか知られたら人生終わるんじゃないといった脅しともとれる言葉を口にした。

オッサンは財布からお札を取り出しJKに渡す。

JKはニコニコしてお金を受け取る。

JKはまたねと帰っていった。

オッサンは「?・・・またね?」どういうことかわからずにいた。

しかし、その言葉の真意はすぐにわかった。

その日からというもの、Jkは母親を避けるために毎日オッサンの家に上がり込むようになった。

もちろんお小遣いも渡さなければいけなかった。

そんな毎日が続いたある日、JKサヤカはアルコール飲料を飲みながらオッサンとゲーム中。

オッサンが切り出す。

「サヤカさん、もはや飲み物には口を出しませんが、もうお母様も夜勤に出た時間ですので・・・」

時刻はもう23時を過ぎている。

サヤカは「えー、いいジャン別に隣なんだから」と目がトロンとし酔った顔で不満げに言う。

「隣だからです」オッサンも言い返す。

「オッサンもJkと少しでも長く一緒に居たいでしょ」

「早く寝たいです」

「目当てはパンツだけかよ!」

そんな会話をしていると、いつの間にか部屋の中に静寂が訪れた。

無防備なふとサヤカを見ると、ソファーに座ったまま眠りに落ちていたのだ。

サヤカの姿を見たオッサンに抑えの聞かない欲情が込み上げてくるのだった・・・・

「隣のJKに脅されて入り浸られてます」1話感想

男の人ってJKが好きですよね。

若い子+制服っていうのが男心を刺激するんでしょうね。

さらに、してはいけないことって抑えられる分したいんですよ。

そんなJkに現実ではできないことがこの作品ではリアルに描かれちゃってます。

冒頭のシーンなんか、イヤホンしてスマホ見ながら階段上ってるJKの背後で膝間ついて覗くという大胆なオッサン。

スマホで盗撮とかじゃないところがオッサンの凄い所。

サヤカも大声出して騒いで逃げるのが普通ですが、オッサンの家に乗り込んで金をせびるところが、今どきのオッサン世代のJK像を描いているような気がしてなりません。

そんな目でJKを見ているのか、そんなJKばかりではないという女性の声が聞こえてきそうです。

まあ、男性向けに作られている作品だと思うので致し方ございません。

この後の展開は、寝ているJkへのいたずらがエスカレート。

禁断の睡眠姦が見られそうです。

男性の前で眠る女性って心を許しているんですよ。

薬でも盛られていれば別ですが。

サヤカはお酒を飲んでいましたが、飲みすぎるのもオッサンにある程度気を許していたはず。

彼氏の家で寝てたら、彼が私の口にアレを入れてきたこともあったので、寝ている無防備な女にいたずらしたい願望って男の人はあるんですね。

実は女性もあるんですけどね。

 

>>>実質無料で読めるのはここだけ<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました