「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください



「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」は愛玩☆実験室に掲載された達磨さん転んだ&チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

都会に住む姉弟と田舎に住む姉弟の従姉弟たち。

幼い頃は日に焼けるまで外で遊んだ4人も思春期を迎え、興味は違うものになっていた。

思春期の姉弟たちの好奇心で始まった性的行為は次第にエスカレートし止められなくなっていく。

純情な思春期の姉弟たちのひと夏の秘密の遊びを覗くことができます。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

実質無料で読む方法はこちら

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」1話のネタバレ



夏休みに都会から田舎に帰省した弟のヒロトと姉の涼音姉弟。

おばさんの家に着くと、いとこのタケルと愛実が久しぶりの再会を喜んでくれた。

小さい頃は日に焼けるまで一緒に遊んだ4人だったが、思春期を迎えた今、田舎で暇を持て余していた。

タケルが河原に行こうと誘っても、涼音は日焼けを気にして断るのだった。

そんな時、ヒロトがタケルにスマホでエッチな動画を見せると、愛実が興味を持ち一緒にみて感心している。

愛実はテーブルに身を乗り出してスマホを覗くので、胸の谷間や下着が見えてヒロトの関心はまな姉のおっぱいに移っていた。

動画の女性より胸が大きいと思った。

マナ姉は涼音に初体験の有無を聞くと、涼音は恥ずかしそうに動揺し否定する。

まな姉は都会の人は早いという先入観を持っていた。

さらにまな姉は、4人で性行為の練習をしてみないと提案するのだった。

スマホのフェラシーンみたいなことをしてみようと言い出す。

まな姉の周りには年の近い男の子はタケルしかいないのだそうだ。

タケルはすっかりその気になっている。

愛実は涼音とヒロトにも同意を求める。

無言の二人だったが、結局は愛実の提案に応じるのだった。

タケルとヒロトはおもむろに性器を露出した。

愛実は二人の性器の違いに気づく。

タケルがヒロトの包茎を指摘する。

ヒロトは自分の方が大きいことと、手を使えば剥けると強がった。

愛実は包茎に興味を持ち自分が剥いてみたいとヒロトの皮のかぶった陰茎に触れる。

初めての男性器の感触、固くなっていることに驚く。

そして、ゆっくりとヒロトの包皮を剥いていく。

亀頭が露出するとその色は果物っぽい、臭いは魚介と感想を口にする。

涼音はタケルの陰茎をしごいていると、我慢汁が出ているのに気づく。

そのまま、しごいていくとタケルは絶頂に達し射精した。

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」1話感想

仲の良い従姉弟同士、思春期にもなると性的なことに興味を持ってもおかしくありません。

もっと年が離れた兄弟なら、下の子の性器に興味を持ったりすることもあります。

年頃の他人ならともかく従姉弟ということもあり、親たちもそんなことしてるとは思いませんからね。

このシチュエーションは現実味のあるリアルさが良いです。

何より姉と弟、いとこ同士という設定が醸し出すいけない情事的なところ。

そして夏のはかなさと若さと欲情が織りなすハーモニクスとでもいいますか、なぜか懐かしさを感じさせるのは不思議です。

自分も体験したことのように錯覚させるストーリー。

若さ故の異性への好奇心。

未熟が上に快感に溺れる。

そんな思春期の姉弟たちのひと夏の情事はすっごくエッチでした。

女性の方は愛液が自然にあふれ下着を汚す恐れがあります。男性においては夢精の確立が高まります。自慰できる環境にない方はご視聴を控えたほうが良いかもしれません。

>>>実質無料で読めるのはここだけ<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました