「日に焼けるまで田舎の従姉弟と姉と弟」7話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」は愛玩☆実験室に掲載された達磨さん転んだ&チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

都会に住む姉弟と田舎に住む姉弟の従姉弟たち。

幼い頃は日に焼けるまで外で遊んだ4人も思春期を迎え、興味は違うものになっていた。

思春期の姉弟たちの好奇心で始まった性的行為は次第にエスカレートし止められなくなっていく。

純情な思春期の姉弟たちのひと夏の秘密の遊びを覗くことができます。

>>1話から最新話のネタバレをまとめて見る<<

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」7話のネタバレ

河原に遊びに来た4人。

一頻り、水遊びした後大きな石の上で休憩。

愛実と涼音の乳房が水に濡れたシャツが密着して透けている。

タケルとヒロトは透けて見える肢体を見るなり、下半身は臨戦態勢となっていた。

そのまま、お互いのパートナーと合体。

愛実はヒロトに男性器が奥まで刺激して凄いと卑猥な言葉を投げかける。

タケルは愛実の声が耳に入り、涼音に自分のはどうなのか問いかける。

涼音は喘ぎながらタケルの男性器を褒める。

それを聞いたタケルは突然、涼音に都会に帰らず田舎で一緒に暮らそうと言い出す。

涼音は学校もあるし難しいことを口にすると、卒業したら結婚しよう、好きになってしまったと告白するタケル。

その間も、タケルは涼音に腰を打ち付けている。

涼音は激しいタケルの腰使いに喘ぎながら、俺の赤ちゃんを産んでくれと言われ、強い快感とともに了承した。

涼音が了承したタイミングでタケルは勢いよく涼音の中に射精した。

涼音も満足したように快感に浸っている。

その様子を見聞きしていた愛実とヒロト。

愛実はヒロトの男性器の変化を感じ取る。

ヒロトは姉のいやらしい表情に興奮して昂っていた。

ヒロトも愛実の中で果てた。

タケルは告白を了承されてからは、涼音に対する態度が変わった。

自分以外の男としたらダメだとか、フェラの時もっと強くしゃぶらないと起たないとかすっかり彼氏面を見せる

幸いなことに、涼音もそれを受け入れているので他の二人は安心した。

何度かの射精の後、タケルが中出しをヒロトに自慢してきた。

姉の涼音の精液が滴る女性器をまじかで見たヒロトは、いつにも増して勃起。

それを愛実がうれしそうにしごき、口に含む。

タケルは絶頂後の涼音の陰核を激しく手で刺激する

愛実はフェラの動きを速め激しく男性器を刺激する。

涼音は絶頂に次ぐ絶頂で潮を噴き出して果てた。

タケルに弄られてる涼音の女性器を見ながらヒロトは愛実の口に射精した。

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」7話感想

エッチと水っていいですね。

濡れるとなんであんなにエッチになるんでしょうか。

シャツから透けて見える乳輪とか男の人好きでしょう?。

男性器も直に見るのも良いですが、布越しのフォルムがたまりません。

小さい段階からムクムクと大きくなってきて亀頭や陰茎のフォルムがくっきりしてくる。

脱ぐ前からギンギンになってくれる人なんか、興奮してくれてありがとうって感じでサービスしちゃいますね。

亀頭の先のところが濡れてシミになった時はここぞとばかりになんか出てるよなんて意地悪しちゃう。

それから勃起した男性器を露出させる瞬間も好きです。

初めてする人だったら特にどんな感じかドキドキしちゃう。

ああこのタイプなんだあなたみたいに思っています。

パンツ越しにギンギンにさせると、手と口でイかせやすいっていうのもある。

最初から直でやるより、乳首とか脇とかソフトタッチで刺激しながら、布越しにさすってあげるのが好きです。

ああ、すいません。

関係ない所で一人で盛り上がってしまいました。

とにかく濡れて透けるのはエロいという話。

あと、ヒロトが涼音のアソコを見ながら、愛実にフェラされて射精するシチュエーションも最高。

昔、恥ずかしいから布団にもぐってフェラしてたらその彼がラブホのAV見てたの。

AVみてオナニーすればって当時は怒ったけど、それってなんかエロいよね。

男に愛撫されながら頭では違う男を妄想してたりする感覚だよね。

あと、手で愛撫するときは激しくすればよいってもんじゃない。

濡れ濡れだったらある程度強めでも良いけど、基本優しくを心がけたほうが良いぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました