「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」4話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください




「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」は愛玩☆実験室に掲載された嵐山ゆーすけさん&smalldog先生のオトナ作品です。

アイドルの秘密を知ったコミュ障オタクな主人公が、弱味で脅し溜まりに溜まったエッチな妄想を実行して行く。

憧れのアイドルにフェラさせたり、生でセックスしたり。

アイドルやコスプレ好きには溜まらないシチュエーションとエピソードは必見です。

 

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中の こちら

「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」4話のネタバレ



奈緒との勝負は2勝1敗で俺が勝った。

奈緒は約束通り俺の言うことを聞くことを承諾した。

俺は奈緒と一週間後に合う約束をし、その間は肛門にバイブを入れて過ごすように命じた。

M素質の奈緒ならきっと約束を果たすだろうと俺はワクワクしていた。

奈緒は約束を守り、キャンペーンガールの営業もイベントの握手会もバイブを肛門に挿れたまま臨んでいた。

奈緒は気づかれないか心配ではあったが、その行為に興奮を覚え、フラッシュが焚かれるたびに
キモオタとのハメ撮りを思い出し子宮の奥のほうが疼き、愛液が流れるのを止められなかった。

そして約束の日。

ラブホテルで奈緒と再会した俺。

そこで俺はアナルセックスを奈緒に持ち掛ける。

この計画の為のバイブ生活だったのだ。

奈緒の肛門に念入りにローションを付け、未開の穴に男性器を突入させる

奈緒は分娩時のように息を吐きだして腹腔の違和感に耐える。

膣とは違う締め付けが男性器を刺激し、奈緒のアナルの中で果てる。

その後も欲望のまま奈緒のアナルを犯し続けると、アナルでも快感を得ているのがわかる。

半日は続いたであろう性行為で奈緒は気絶状態。

奈緒の肛門は男性器の型になったかのように開いている。

こんな不自然な出会いではあったが、憧れのアイドルとの濃密な経験に満足した俺は、今後は陰ながら彼女を応援しようと思った。

「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」4話感想

アナルって好きですか?

最初に断っておきますが、アナルの経験はありません。

排便の時、大きいのが出た時ってちょっと快感があるような気はします。

でも、それは出たためであって、中に入ってくるとなると微妙です。

浣腸とかでも我慢して出すからすっきりするわけで、肛門で快感が得られるのかは謎です。

やってみればいいじゃないって話ですが、絶対痛そうだし臭いとかも気になります。

決して痔だからではありません。

でも、レンタル彼女とアナルは合う気がする。

アナルをレンタルみたいな感じで。

アイドルとアナルって何かエロイのは分かる。

美しい人、清潔な人が実はアナルとか好きだったらと思うとゾクゾクしませんか?

それをネタにされて無理やり凌辱。

良い子の皆さんはアナルは妄想だけで楽しんでね。

 

>>>今すぐ試し読みするならこちら<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました