「ど田舎の夏休みは発情した姪と汗ダク交尾するくらいしかヤルことがねぇ」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「ど田舎の夏休みは発情した姪と汗ダク交尾するくらいしかヤルことがねぇ」は愛玩☆実験室に掲載されたきしめん先生のオトナ作品です。

ド田舎に暮らす主人公の叔父には、毎年夏休みになると遊びに来る姪っ子がいた。

娯楽のないど田舎だけに、ボーイッシュな見た目に発育の良いぷりぷりボディの姪にセクハラまがいの悪戯をするのが密かな楽しみなのだ。

しかし、今年はちょっと違った。

年頃になってエッチにも興味を示した姪っ子の逆セクハラに遭って・・・

ボーイッシュなプリプリボディーの日焼けガールとの汗だくセックスは必見です。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

「ど田舎の夏休みは発情した姪と汗ダク交尾するくらいしかヤルことがねぇ」1話のネタバレ




村に一つしかないバス停まで片道一時間かけてやってきた俺は全身汗ダクだった。

直接日光が降り注ぐ田舎道を汗ダクになってまで来た理由は、可愛い姪っ子が遊びに来るからだった。

毎年、夏休みを利用して姪っ子のミコトが遊びに来るのだ。

炎天下の中、時間にルーズな田舎のバスを待っていると、ハニカミながらミコトが降りてきた。

ショートカットの髪型に日焼け痕がくっきり見えるタンクトップにデニムのホットパンツ姿。

ボーイッシュなルックスに出るところは出ている良く発育したバストとヒップ。

身内目線じゃなくても男なら魅力的に見える少女だろう。

ミコトのありきたりな挨拶に早速文句をつけて、挨拶代わりに俺は後ろからミコトのおっぱいを揉みしだいた。

ミコトはいつものことの様に軽くあしらって、罵声とともに蹴りを喰らわせてきた。

文句を言う姪におっぱいの感触の感想を伝えるとあきれたといった感じを見せる。

これだけスタイルが良ければ同級生も放っておかないのでは、夏休みに俺のところに来るのを不思議に思った。

なんだかんだで家に着くと、田舎の家は落ち着くとくつろぎ始めるミコト。

突然、悪戯っぽく俺に横になってと言ってくる。

俺が仰向けに寝ると、おもむろに俺の股間の上に跨ってきた。

ちょっと動揺して重いぞと言いつつミコトの意図を考えていると、恋人に言うようなセリフを囁いてきた。

すると、俺の股間にホットパンツ越しにアソコを摺りつけてきた。

ミコトの弾力のありそうなおっぱいが俺の目の前で揺れる。

急速に男の性が反応した俺は股間に血流がたぎるのを抑えるのに必死だった

そんな俺の気持ちを知ってか知らずか、セクハラのお返しだと股間を擦り付けてくるミコト。

俺の股間は反応し始めていた。

それに気づいたミコトはしてやったりといった感じで、勃起を卑猥な言葉で指摘する

ミコトはこの一年で性的な知識を身に着けた様子で、ズボンを下ろし俺の勃起したペニスをあらわにした。

初めてギンギンに反り返った男性器を目にした様子のミコトは、若干動揺し、男性器の感想を口にした

勝手にしたお前が悪いといった俺に、こうすればいいんでしょと確認するように、勃起した陰茎をシゴキ始めた。

姪っ子の小さな手で愚息をシゴかれると、何ともいえぬ快感が込み上げて理性が飛びそうになった。

そんな俺に追い打ちをかけるように、どうすれば良いか知ってるよと言って、俺のペニスの先を舌先を使ってレロレロ舐め始める。

どこで覚えたのか、舌でぺニスをしっかりと潤してから、唇も上手に使って咥えつつ上下にシゴク。

姪のフェラチオで俺はあっけなく口の中に射精した

しかし、背徳感と若い子との情事にオレのぺニスは萎えるどころか、更に膨張していた。

ミコトは女の顔になって巨乳を押し付けるように俺に抱きついてキスをせがんでくる。

そんな事されたら理性を保つ事なんてできル訳がなかった・・・

「ど田舎の夏休みは発情した姪と汗ダク交尾するくらいしかヤルことがねぇ」1話感想




なついてくれる姪っ子って可愛いよね。

幼い頃は無邪気に優しいお兄ちゃん的な存在だったのに、徐々にフェードアウトしていくのが普通。

小さい時は一緒に風呂に入った等と親戚が集まったときの話の種にされたり。

ミコトちゃんは無邪気なまま、性的な対象として叔父さんを見てて何かエッチです。

肉付きも良くて、露出の多い服装のあんな娘に誘われたら手を出しちゃうよ。

勃起を指摘されてどぎまぎする叔父さんもリアルで良いです。

フェラチオシーンもエッチ過ぎですよ。

 

>>実質無料で読めるのはここだけ<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました