「会社の行き遅れBBA孕ませた」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「会社の行き遅れBBA孕ませた」は愛玩☆実験室に掲載されたすぺしゃるじー×チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

すぺしゃるじー×チンジャオ娘先生と言えば前作「人をダメにするちょいブス」が大ヒット。

顔は40点だけどカラダは120点の激エロボディのちょいブスに初めはヤリ目だったのに、献身的で従順な彼女の性格とセックスにどんどんハマっていく男が描かれました。

エッチな描写はレベルが高いのはもちろん、男の心が徐々にカラダ<愛に変化していくストーリー性が秀逸でした。

今作「会社の行き遅れBBA孕ませた」は顔ではなく年齢がフォーカスされた題名といい前作を踏襲したような作品となっています。



⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑

主人公の男は会社で行き遅れBBAと呼ばれる10歳年上の上司沢村秋子と、ひょんなことからカラダの関係を持ってしまう。

オフィスでは美人で巨乳にもかかわらず、厳しく苦手な上司。

しかし、二人になると女性らしい一面を見せて、無防備すぎるガードで男性欲をそそられる。

勢いで服を脱がして露になったカラダは太過ぎず細すぎない色気のある絶妙の肉付きだった。

男を知らない処女マンコは超名器でダメだとわかっていても止められない。

生セックスで孕ませ確定の濃厚精子を膣内射精。

それからというもの、正式に交際する度胸もないままセフレのような関係が続きます。

三十路過ぎで覚えたセックスの快感。

若い部下の肉棒に溺れる熟女。

社内でボディラインが強調されるタイとなスーツ姿で卑猥なフェラ。

部下の男も、行き遅れBBAを孕ますことの意味を恐れつつも、エロ過ぎのカラダや淫乱な彼女の魅力に溺れていく。

寝込んだ時に家に訪問し献身的に看病と性欲処理までこなし優しく包み込んでくれる彼女に次第に惹かれだす。

三十路処女の爆乳エロボディ行き遅れババアが若い肉棒に溺れ大胆に乱れるセックスとエロ熟女のカラダにはまっていく男の行く末は必見です。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

「会社の行き遅れBBA孕ませた」1話のネタバレ



⇑⇑実質無料で読めるのはここだけ⇑⇑

第1話は「行き遅れ女上司にお持ち帰り!?された夜」です。

少々お待ちください。

俺は知らない部屋で目が覚めた。

ティッシュが散乱する部屋。

どこかで聞いたことがある女の声。

嫌な胸騒ぎの中、酒が残る頭が働き始める。

徐々に記憶が蘇ってくる。

そうだった・・・俺は昨日、会社の行き遅れババアの澤村主任と勢いでエッチしてしまったんだ。

俺の上司、沢村秋子は仕事をバリバリこなす会社で一目置かれる存在だった。

ただ、真面目で気が強い性格で仕事に関してはシビア過ぎるところがあり、男性社員からは行き遅れのババアと陰で呼ばれてるのだった。

もちろん俺も例外ではなく度々ミスを指摘され苦手な上司でもあった。

ルックスは最高だが、俺にとっては婚期を逃したおばさんという認識で恋愛対象として意識することすらなかった。

主任とこんな関係になったのは、会社の飲み会の後だった。

俺は彼女との翌日のデートに備えて二次会はキャンセルして帰ろうと駅で電車を待っていると、彼女からデートのドタキャンメールが届く。

俺はデートの為に二次会もキャンセルしたのにと憤ってると、沢村主任が声をかけてきたのだ。

主任は俺が落ち込んでいると思って気にかけて飲みに誘ってくれた。

俺は明日の予定もなくなったし説教される心配はあったがお供することにした。

主任は部下の俺を本当に心配してくれてるのが伝わり、サシで飲むと意外と話も盛り上がり会社でのイメージとのギャップを感じた。

お酒もガンガン進み酔いが回ると主任が愚痴をこぼした。

主任は自分が会社で陰で行き遅れババアと言われていることを気にかけていた。

俺はそんなこと言われるとは思わず、慌てふためき主任の胸元に酒をこぼしてしまう。

お酒で濡れたシャツから透けた乳房に思わず目が釘付けになる。

明らかに魅力的な巨乳。

主任は自虐的な言葉を口にしたが、俺はその言葉を否定し、おもわず巨乳が好きだとアピールしてた。

そこから雰囲気が一変し、お互いを意識しだすのだった。

帰りのタクシーでも主任の巨乳が気になってエロい目で見る自分がいた。

相当酔っているせいもあった。

すると、主任が唐突に囁き、家に誘われた。

主任に家に着くと水を持ってきてくれて酔いがさめるまで休んでと言われたが、俺は主任のおっぱいをどうにかしたい衝動に駆られていた。

俺は主任を押し倒して唇を重ねた。

主任はそんなつもりじゃないというようなことを口にしたが、まんざらでもないのは空気でわかる。

俺のイチモツはすでにギンギンに勃起していてもう欲望を抑えられなかった。

言葉では抵抗する主任に襲い掛かった。

「会社の行き遅れBBA孕ませた」1話感想




【悲報】会社の行き遅れBBA孕ませたって、なんか気になるしエロい感じもするタイトルはさすがチンジャオって感じです。

でも34歳で行き遅れ?

アタシ的には今が旬って認識。

男性経験がないっていう点では確かに行き遅れですが・・・

しかし、ルックスも良くてエロ過ぎるカラダの秋子さんが三十路過ぎまで処女っていうのは絶対興奮する。

初体験は勢いも大事なんですね。

先伸ばしていくうちにだんだん消極的になっていき、最終的には恥と感じるみたいな。

恥でも何でもないんですけどね。

でも、社会の集団の中ではそういう所をネチネチと攻撃されますから自分の中にこもりがちになっちゃうのは分かる。

秋子さんのピチピチではないけど柔らかいトロ肌加減はセクシー過ぎて若い男なんてイチコロにできちゃいます。

セックスの経験はなくても、三十路にもなると知識はあるし性欲も貪欲な時期。

盛る女の表情は興奮しちゃう。

 

>>>実質無料で読めるのはここだけ<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました