「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」9話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」は愛玩☆実験室に掲載されたすぺしゃるじー&チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

合コンで明らかにハズレの地味なちょいブスを流れでお持ち帰りしたら。

脱がせてビックリの超巨乳に抱き心地抜群のボディー。

性格も献身的で従順。

どんなプレイも嫌がらず性癖を満たしてくれる。

顔は40点で残念だけどそんなの忘れさせる120点の最高のカラダ。

欲情しない男はいない、勃起確実のエロボディーは必見です。

すぐに無料で試し読みするならこちら

チンジャオ娘の新作はこちら

「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」8話のネタバレ



⇑⇑無料試し読み⇑⇑

祥子との同棲生活。

祥子はOLで就職に失敗した俺はヒモ生活を送っていた。

昼間っから酒を飲んで、祥子の帰りを待つ。

散らかった部屋を仕事帰りの祥子が片付ける。

スーツ姿のまま早く食べさせたいと夕飯を作ってくれた祥子。

俺はそんなやさしい祥子のムチムチなスーツ姿に欲情し、ストッキングを破って無理やりセックスを要求した。

やるせない自分は職場でエッチな体にセクハラされてるとか嫉妬してまう。

破れたストッキングの間から見えるパンティーをずらして後ろから指を2本挿れたかき回した。

祥子の濡れたマンコを言葉責めし、スーツを着たままバックで犯した。

激しい突きにスーツが乱れワイシャツから左の乳首がこぼれた。

俺は乱暴に腰を打ち付け深いところに精子を放った。

俺の欲求は満たされず、祥子の顔を抑えながら口の中にチンポを激しく出し入れさせ口の中に精液を出し飲ませる。

快感に浸りつつ、俺は思っていた。

またヤッてしまった。

このままじゃダメなことは頭ではわかっていた。

祥子のカラダは俺をダメにする。

美人なら関係を続けるために努力するかもしれない。

しかし、祥子はダメな俺を受け入れてくれる。

祥子に中出ししながら俺はもう抜け出せないと悟った。

そんな生活は続きある朝、祥子が会社に行ったあとごみ出しを忘れているのに気づく。

ごみの中には妊娠チェッカーがあり陽性を示していた。

あれだけ生でセックスしてたら当然の結果ではあった。

俺は一層の事このまま逃げてしまおうかとも思った・・・・・

1年後、俺たちは夫婦になった。

俺の帰宅を待つ祥子の腕の中には可愛いベイビーが眠っている。

「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」9話の感想



⇑⇑実質無料で読むならここ⇑⇑

最後までエッチでしたね。

祥子ちゃんのスーツ姿もセクシー。

エッチでありながら男女の心理戦みたいなのが垣間見れ、考えさせられる作品でもありました。

祥子のカラダ目的から始まった交際。

段々体の虜になって性欲に負けてしまったけど、最後は仕事してる姿が見れました。

きっと献身的な祥子に励まされたんだろうなと思います。

ストーリーもしっかり面白く激エッチなの最高でした。

>実質無料で読めるのはここだけ<

コメント

タイトルとURLをコピーしました