「会社の行き遅れBBA孕ませた」3話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「会社の行き遅れBBA孕ませた」は愛玩☆実験室に掲載されたすぺしゃるじー×チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

すぺしゃるじー×チンジャオ娘先生と言えば前作「人をダメにするちょいブス」が大ヒット。

今作「会社の行き遅れBBA孕ませた」は顔ではなく年齢がフォーカスされた題名といい前作を踏襲したような作品となっています。

主人公の男は会社で行き遅れBBAと呼ばれる10歳年上の上司沢村秋子とひょんなことからカラダの関係を持ってしまう。

オフィスでは美人で巨乳にもかかわらず、気が強く男を寄せ付けないオーラを放つ苦手な上司。

しかし、二人になると男に無防備なシャイで可愛い女性。

脱がしたら太過ぎず細すぎない絶妙の肉付きと色気のあるトロ肌。

男を知らない処女マンコは超名器。

生セックスで孕ませ確定の濃厚精子を膣内射精。

上司と部下のセフレ関係。

三十路過ぎで覚えたセックスの快感。

若い部下の肉棒に溺れる熟女。

社内でスーツ姿のまま卑猥な性行為。

行き遅れBBAを孕ますことの意味とエロ過ぎのカラダや淫乱な彼女の魅力で葛藤する男

三十路処女の爆乳エロボディ行き遅れババアが若い肉棒に溺れ大胆に乱れるセックスとエロ熟女のカラダにはまっていく男の行く末は必見です。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

2話のネタバレはこちら

「会社の行き遅れBBA孕ませた」3話のネタバレ



⇑⇑実質無料で読めるのはここだけ⇑⇑

第3話は「行き遅れ女上司はレ〇プ同然にハメても大丈夫」です。

少々お待ちください。

酔った勢いで熱い一夜を共にした二人。

あれから一週間、上司の秋子の一夜限りの関係ともとれる一言により表面上はいつもの上司と部下として接していた。

しかし、主任は明らかにいつもより俺に優しく、親密的だと感じていた。

俺は主任の態度に気づいてはいたが、もう二度と流されまいと平常心で接するのに必死だった。

俺には彼女もいるし今日はデートだ。

行き遅れのババアなんかを孕ませて責任を取るつもりなど毛頭なかった・・・

だが・・・俺はずぶぬれになり秋子の部屋の前に立ち尽くしていた。

デートの後イイ感じで彼女とエッチまでもっていったのだが、彼女とのセックスでは何か物足りず、ゴム付では射精に至らなかった。

満足できずに生挿入を要求したらフラれてしまい気づけば主任のところに来ていた。

俺の怒りの矛先は主任に向かっていた。

こうなったのも、あの日主任の爆乳エロボディと極上処女マンコの快感が忘れられなかったせいだ。

俺は都合の良い解釈で上司の秋子に葛藤をぶつける。

筋違いな怒りに任せてずぶ濡れのまま秋子の部屋に押し掛けた。

風呂上りだった秋子は部屋着姿でノーブラの巨乳が透けて見えた。

俺は主任の色っぽい姿に欲情を抑えきれず、玄関で覆いかぶさった。

主任は言葉で抵抗したが俺は遮るように主任の唇を強引に奪った。

有無も言わせず、四つ這いにさせパンティをずらした脇からあの名器ともいえる主任のヴァギナにいきり立った男根を挿入した。

あの時の快感が蘇り、彼女の女性器との明らかな違い画を確信。

やっぱり、主任のオマンコは別格だと感じた。

秋子は俺にダメだと咎めたが明らかに関いている主任を、「レイプされてるのに感じてるだろ」と罵った。

俺はバックから激しく腰を打ち付けながら、豊満な乳房を鷲掴みツンと立った乳輪と乳首を摘まんだ。

そうだ。

このカラダだ。

なんてエロイんだ。

それにこの最高なオマンコの具合。

こんな名器を味わったら、他の女じゃ満足できない。

俺は気づいていた。

そんなことが一瞬のうちに脳裏に浮かんだころ、俺は快感に身を任せ主任の膣の奥に溜まった精液をドクドクと送り込んでいた。

玄関に横たわる主任を見て俺はやっと我にかえる。

俺は終わったと思った。

上司をレイプしてしまった罪悪感。

訴えられるかもしれない恐怖。

しかし、主任はそんな心配を覆す対応を示す。

「この前は自分が誘ったみたいになったことだし、仕方ないけど強引にするのはだめよ」と許してくれるのだった。

意外な対応に驚いていると、さらに彼女と仲直りするまで代わりになってもいいとセフレ発言までする秋子。

俺は内心行き遅れババアは簡単すぎるとほくそ笑んだ。

「会社の行き遅れBBA孕ませた」3話感想



⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑

勢いで抱いてしまった。

責任は取りたくない。

一線を引く。

抱ける女は手放したくない。

行き遅れババアであっても。

また抱く。

案外簡単に抱けるじゃん。

更に抱く。

都合がいいし気が楽。

更に抱く。

ただの都合のいい女だったのにここまでされると情が湧く。

更に抱く。

もうここで別れたら罪悪感。

責任取るよ。

こんなストーリーはあるある。

ここまで来ても女(行き遅れババア)を捨てる男はある意味大物。

人って罪悪感には弱いから。

罪悪感を感じない男と一緒になるのもある意味不幸。

でも、そういう奴は損得で動くからそいつに合わせられる女性なら幸せかも。

でも、やっぱりある程度甘えたのなら責任を取る男の方が良いような気がします。

行き遅れてるのを自覚した女(ババア)の行動力は半端ない。

ましてや、有望な若い男を取れるなら結構なことも暇ない。

美人なのに独身な人(行き遅れババア)は訳アリ。

でも、やっぱり一人じゃ生きていけないと思ったら何でもできる。

これまでの経験から、行き遅れBBA(ババア)が若い子の手玉を取ることなんて容易いことなのかもしれません。

>>>実質無料で読めるのはここだけ<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました