「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読む方法

漫画を無料で読む方法

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」はメルトに掲載中の山田愛妃先生のTL作品です。

咲坂蜜は20歳の時に処女を優しく貰ってくれた初めての男に下着が地味で欲情しないという理由でフラれトラウマを引きずるアラサー女子。

しかし、そのことで下着の魅力に取りつかれ今では下着メーカーで魅力的な下着を開発することにのめり込んでいた蜜。

ある日、蜜のいる開発部に移動になった蜂嶺皐の教育係に任命される。

26歳の今時の草食系男子の彼と仕事しているうちに、蜂嶺を男として意識しだす。

ひょんなことから彼との同居が始まり、草食男子かと安心してたら・・・

彼のライフスタイルにドキドキ

甘いエッチにメロメロ

恋愛に積極的になれないトラウマ女子は必見です。

 

そんな、「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読む方法をリサーチしたところ、簡単なステップを踏むだけで無料で読む方法がありました。

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読めるのはFOD

FODという動画配信サイトに登録し、トライアル期間中に付与されるポイントを利用することで「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読むことができます。



FODはフジTVが運営する動画配信サイトです。

フジTV系列のドラマはもちろん、他の人気ドラマや映画、アニメなども配信されており、中には無料登録で利用できるコンテンツもあります。

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読むには、FODプレミアムのトライアル期間を利用します。

FODプレミアムは月額888円で見放題となる配信作品がある上に有料コンテンツに使えるポイントが毎月1300ポイント貰えるからです。

トライアル期間は14日間ですが期間中は無料で最高900ポイント利用できます。

ポイントは登録時に100ポイント、8のつく日に400ポイントもらえます。

ただし、2週間の間に8のつく日が2回来るような日に申し込まないと500ポイントしかもらえなくなるので注意。

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」は2020年6月18日時点で7巻まで配信されています。

1巻が100ポイントで購入できるので付与されるポイントで全巻読めます。

残ったポイントは他の漫画を読んでも良いし、気になる動画を見るのにも使えますね。

申し込みから14日が過ぎると料金が請求されますが、その前に退会も可能です。

退会しても違約金は発生しないので、まずは利用して見てください。

>>>FOD公式サイト<<<

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読めるアプリはある?

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読めるアプリをリサーチした結果、2019年11月30日時点ではみつかりませんでした。

しかし、FODや小学館eコミックストアでは期間限定ですが1巻無料で読めました。

新刊配信時は要チェックですね。

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」のあらすじ

咲坂蜜のトラウマとなった初めての男。

ハタチになっても処女だった蜜にできた初めての男。

初体験の時、大きい胸がコンプレックスの蜜は胸を隠す。

男は蜜の胸を見て綺麗だよ、蜜の胸ならどんなのだって大好きと優しく愛撫し始める。

蜜は男の愛撫にだんだんと感じ始めアソコも濡れてくる。

男は蜜の脚の間に顔を沈め女性器を舌で優しく愛撫する。

恥ずかしがる蜜。

優しく時間をかけて愛された初体験となった。

そんな彼だったが、時間が経過するにつれて変わっていった。

彼の家に3年目の記念日をサプライズで驚かせようと連絡なしで行ったとき、はだけた格好で出てきた彼。

突然の訪問に不機嫌な彼の後ろから女性の声が聞こえた。

彼は浮気していた。

蜜は怒りをぶつけた。

しかし彼の口から出た言葉は謝罪ではなく、服装が地味なこと、下着も地味で欲情しないと言ったダメだしだった。

最悪の別れだった。

ムカつく気持ち以上に言い返せなかった自分が情けなかった。

そのことから8年経った。

蜜は今、下着メーカで働いている。

彼との件があった後、悔しさから高級下着を購入した蜜はそのフィット感や女性らしさを際立てる下着の魅力にハマったのだった。

今ではあの失恋も悪くなかったと思えるほど下着の世界にのめり込んでいた。

そのせいもあり恋愛はあれ以来していない蜜。

そんなある日、開発部へ移動してきた蜂嶺皐と出会う。

蜂嶺の教育係を任される蜜。

握手したときに男の大きな手に久しぶりに触れた。

同僚たちはイケメンの皐と一緒に仕事できる蜜を羨ましがっている。

年齢とか慎重とか色々聞かれていた皐だったが、恋愛観に話題が行くと恋愛に興味がなく性欲もないと草食男子であることを語っていた。

蜜は自分の世代はガツガツしてる男子が多かったけど・・・今どきの若い子との違いに戸惑いつつ、自分もそういうの苦手だったので彼に親近感を覚えた。

皐は仕事の呑み込みも早く、下着に関しての熱意が半端ない蜜とも意見が合う。

何より話しやすい。

ブラのフィット感のことを話してるとき、皐がいまいち想像できないでいた。

蜜は自分の胸にブラをあてがって見せると、皐は蜜の後ろに回りブラに手を当ててフィット感を確かめる。

蜜はその時男として皐を意識してしまう。

当の皐はそんなつもりはない様子。

じーと見つめられてドギマギする蜜に皐が連絡先を聞いてくる。

連絡先を交換しこれでいつでも繋がりますねとからかう皐。

それから蜜は、皐からの連絡を待つ日々。

連絡先を好感したからと言って連絡が必ず来るわけではないことは分かっていても、期待してしまうのだった。

そんな時に、ルームシェアしてた友人ができちゃった婚してシェアできなくなることを告げられた蜜。

そのことを会社で皐に話し、誰かルームシェアできる人いないかなと何気に相談すると・・・

います。と皐が即答。

蜜がどんな子か聞くと皐自身の事だった。

こうして咲坂蜜と蜂嶺皐の同居生活が始まっていく。

まとめ

「蜂蜜えっち。草食男子と同居のはずがガツガツ抱かれてます」を無料で読む方法はいかがだったでしょうか。

FODに登録すると無料で読めます。

この機会にお試しください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました