「カイカンドウキ」10話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「カイカンドウキ」は夜サンデーに掲載中の本名ワコウ先生の作品です。

丹羽資と幸野紬。

同じ大学出身で同期の二人は犬猿の仲。

馬が合わず張り合ってばかり。

二人を心配した同僚たちが企画した飲み会でも親睦は深まらず深酒した二人。

飲み会の帰りにひょんなことから縁結びのラブホに入室。

色々あって資が自慰。

なんか変。

資が射精すると幸野も絶頂。

カイカンが同期?

丹羽と幸野は心も同期できるのか?

クールな幸野のエッチな表情とカラダは必見です。

無料で読むならこちら

「カイカンドウキ」10話ドウキノギャクシュウのネタバレ

ひょんな事からヘルスのわかばの家で良い感じになった丹羽。

わかばにエッチして気兼ねするような人はいないと言ってしまったが、幸野のことを思い出して焦る。

わかばはその気になってて、パンティだけの姿で巨乳を揺らしながら丹羽に迫る。

わかばは丹羽の上に覆いかぶさりキスしながら股間を握る。

丹羽に快感が走ると同時に、3人で飲み会中の幸野にシンクロした。

突然力が抜けてテーブルに伏せる幸野を心配する日南たち。

幸野は二人にお構いなくと言いつつ、丹羽が約束を破ったことに憤る。

幸野は喘ぎ声が漏れるのを抑えながら、座布団が濡れたらマズイとトイレへ駆け込む。

日南はあの時の丹羽と幸野の様子が似てると思った。

幸野はトイレの便座に座り快感が沈むのを待つ。

いつもより強い快感に身もだえつつ、丹羽が言ってた気持ちのあるエッチは快感の度合いが違うという言葉を思い出す。

今、丹羽は好きな人と愛のあるエッチをしてるの?

日南のことを思うと怒りがこみあげてきた幸野。

自らおっぱいを露にして刺激しながら女性器に手を伸ばしオナニーを始める。

そして丹羽より先にオナニーで絶頂に達した。

一方の丹羽は、わかばのプライベートのスマタを堪能し、いよいよ挿入しようとする所だった。

その時、幸野のオナニーの快感が丹羽にシンクロ。

丹羽は快感の同期に腰が浮き、わかばを跳ね飛ばしてしまう。

幸野の仕返しだとわかった。

急にどうしたの?心配して近寄ってきたわかばの顔に射精してしまう。

幸野は仕返ししてトイレから出ると、日南がいてオナニーがバレていないか焦る。

日南は京子がウザイのと幸野の様子を見るために来ていた。

涙目で丹羽からメールの返信がないことに傷ついている。

日南は自分の気持ちを伝えて真剣に向き合って気持ちをシンクロさせるそういう恋が好きだという。

幸野は真剣な日南のために動く。

日南をここで待つように伝えて丹羽にメールした。

わかばの家でよりによって顔にかけちゃって落ち込む丹羽に幸野のメールが届く。

約束を破ったこともあり、幸野の指示通り位置情報を返信。

そこへ、顔を洗ってきたわかばが後ろから卑猥な言葉とともに抱き着いてくる。

時々さみしくなるとベットに誘ってくるわかば。

幸野は日南の言葉でこれ以上無意味な快感のシンクロはさせないと丹羽のもとへ急いだ。

 

「カイカンドウキ」10話感想

幸野の快感の逆襲は良かったですね。

咄嗟にやってしまうところはさすがです。

わかばさんとのエッチなシーンの続きも気になりましたが、顔に出しちゃうところと、早漏君と戻ってくるところがエロかったです。

幸野がわかばの家に来ちゃったらどうなるのか。

日南との関係も気になります。

無料で読めるのはこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました