「乱したい戯谷さんと乱れないタダミチ」2話ネタバレ&感想

一般

「乱したい戯谷さんと乱れないタダミチ」はマガポケに掲載中の菅原優太郎先生の作品です。

自由奔放なギャルの戯谷さんと、戯谷さんをいつも指導する風紀委員のタダミチが織りなすちょっとエッチで笑える学園コメディー。

戯谷さんがタダミチをイジッてるのかと思いきや、逆にイジられてしまう展開がツボ!

ギャルの戯谷さんが真面目な堅物に照れちゃうギャップが最高。

強気で巨乳ギャル戯谷さんの照れカワイイは必見です。

 

「乱したい戯谷さんと乱れないタダミチ」2話のネタバレ

テストの結果が出てガヤガヤしてる放課後の教室。

戯谷さんことぎやっちょのところにギャル友のれぽちこと間地曽れなとえみちょすこと岩名えみが集まる。

それぞれテストの点数を見せあうも、8点、7点、5点と低レベルな争い。

一番点数の悪いえみちょすのおごりでタピりに行こうとした時、風紀委員のタダミチが戯谷さんの手を握って遮った。

強引に手を握られて顔を真っ赤にしてドギマギする戯谷さん。

タダミチは戯谷さんに勉強を強要した。

タダミチ曰く、学力の低下は風紀の乱れにつながるのだそうだ。

仕方なく勉強に取り組む戯谷さんだったが、集中力がなくすぐにタダミチにTVの話を振る。

戯谷さんはTVでバランスボールに座ると脳が刺激されて勉強がはかどると主張した。

タダミチはそんなもの学校にないと却下したが、戯谷さんは大丈夫とタダミチを四つ這いにさせた。

すると戯谷さんはタダミチの背に乗って人間バランスボールとからかう。

JKのお尻の感触で童貞堅物野郎のタダミチを動揺させる戯谷さんの思惑だった。

所が、タダミチは動揺もせずになるほどと納得。

それどころか、もっとリアルにすると言って弾みをつけるように腰を動かすタダミチ。

戯谷さんはバランスを崩して転落。

しりもちをついてM字開脚でパンチラ。

すかさず、何見てんのよ!と口にしたが、タダミチは見向きもしていなかった。

少しは興味持てよ!とツッコむとタダミチは見て欲しかったのですねと戯谷さんのパンティーを見る。

タダミチは普通に机で勉強を再開しようとするが、戯谷さんはやる気なく体がだるいと仮病を使う。

タダミチはそれは放っておけないと、マッサージを始める。

マッサージは血行が良くなり集中力が上がるらしい。

肩もみから腕のストレッチへ。

やられてる戯谷さんはタダミチの際どい所を触る手に動揺する。

タダミチは本格的になり上着を脱ぐと、机に敷いて横になるように促される。

戯谷さんがうつぶせに寝ると、脚から太ももへとマッサージをするタダミチ。

戯谷さんはヒップまで揉まれるのではと気が気ではなく、ギブアップ。

タダミチにまたしても完敗。

仮病を謝るのだった。

机に向かった戯谷さんはやはり勉強は嫌い。

タダミチに自分の成績なんてあなたに関係ないのに何で?と問う。

タダミチは戯谷さんと一緒に卒業したいからと答える。

戯谷さんはそれって遠回しな告白?と勘繰る。

確認しようとすると、食い気味にタダミチが卒業してしまえば、戯谷さんが卒業するのは難しいからと答える。

戯谷さんはムキになって、その後の勉強が捗るのだった。

「乱したい戯谷さんと乱れないタダミチ」2話感想

タダミチの要所でぐっと刺さる言葉。

乙女心をくすぐりますネ。

戯谷さんの照れたりドギマギしちゃう所も相変わらず可愛すぎる。

いつかはタダミチを動揺させてほしい。

健気な戯谷さんを応援したくなります。

コメント

タイトルとURLをコピーしました