「カイカンドウキ」12話ネタバレ&感想

一般

この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「カイカンドウキ」は夜サンデーに掲載中の本名ワコウ先生の作品です。

丹羽資と幸野紬。

同じ大学出身で同期の二人は犬猿の仲。

馬が合わず張り合ってばかり。

二人を心配した同僚たちが企画した飲み会でも親睦は深まらず深酒した二人。

飲み会の帰りにひょんなことから縁結びのラブホに入室。

色々あって資が自慰。

なんか変。

資が射精すると幸野も絶頂。

カイカンが同期?

丹羽と幸野は心も同期できるのか?

クールな幸野のエッチな表情とカラダは必見です。

無料で読むならこちら

「カイカンドウキ」11話ドウキノコトバのネタバレ

女風呂から女子社員に促された日南が、男風呂の俺に呼び掛ける。

同僚達に冷やかされる俺。

日南に告白して2週間が経ち、会社中に俺達の交際が広まっていた。

そして、今、会社の慰安旅行に来ているのだ。

温泉から上がり宴会が始まった。

新人の可愛い日南と付き合ってる俺にやっかむ先輩達が酒をガンガン勧められていた。

課長の八神はそんな俺を見かねて、先輩達の相手を引き受けてくれた。

課長のお陰で抜け出せた俺は、一人風に当たりながら飲んでいた幸野を見つける。

日南とのことがすぐに知れ渡ったと愚痴ると京子に知れたらそうなると言われ納得。

酔った課長の事を笑う幸野に新人のころの話を聞かせるが、幸野は途中で寝て聞いていなかった。

それは冗談として、幸野に最近のシンクロからして日南とそういう事してないはずと指摘され、盛り上って来たらと気を遣われる。

その様子を見ていた日南は少し嫉妬する。

旅館のなかを歩いていた俺は急に袖を引かれ人気のない非常階段に。

日南が二人きりになるため、待っていた。

浴衣姿の日南に抱きつかれキスされる。

日南は酔っている。

はだけた浴衣から見える乳房に目が止まる。

股間が熱くなると同時に、ちょっとくらいイチャイチャしたいと思った。

俺は日南のはだけた浴衣にスッと手を入れて日南の乳房に触れた。

その時、股間がゾクッとした。

日南が俺のいきり立った男性器を握って、卑猥な言葉を耳元で囁いた。

「カイカンドウキ」12話感想

社内恋愛って直ぐに噂になりますよね。

良い事も多いですが、いい気になってると揚げ足をとられがち。

気を付けましょう。

ちょっとした三角関係の展開はワクワクします。

日南の積極的なエッチも楽しみです。

社内旅行中にシンクロしちゃって大変なことになりそうです。

 

カイカンドウキを無料で読む方法はこちら

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました