「ハーレムは彼女の匂い」1話~4話ネタバレ無料&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「ハーレムは彼女の匂い」は愛玩☆実験室に掲載された鳳まひろ先生のオトナ作品です。

夏休みの図書室で、花の匂いが印象的な憧れの先輩に会うだけで幸せだったタクミ。

彼女の日記を見て、憧れの彼女の本性を知ることになり・・・

清楚なイメージとは程遠い痴女だった図書室の彼女。

強引に襲われたタクミは彼女の匂いに抗えず、学校に来ていた褐色肌の汗と制汗剤の匂いがする幼馴染と石鹸の匂いがするシャイな義妹にも火がついて・・・

お互いの匂いに支配されるかのように求めあう匂いフェチのド変態!

清楚系爆乳痴女&褐色ギャル&優等生の義妹との3Pハーレムセックスは必見!!

エッチな画像で試し読みするならここ

「ハーレムは彼女の匂い」ネタバレ



⇑⇑嗅がれたい人必見!⇑⇑

1話ネタバレ この人の匂いは誰にも抗えない

夏休みだというのにタクミは学校に通っていた。

1週間前から家のクーラーが故障して宿題どころではないからだった。

幼馴染の美奈は部活、義妹の茜は生徒会があり、オレの家に迎えに来ていた。

美奈は汗と制汗剤の匂いが印象的で、日に焼けた褐色の肌がまぶしい行動的なギャル。

よく遊びに誘ってくれる。

一方、茜は昔から人見知りでオレの後ろにずっとついてくるようなインドア派。

いつも石鹸の匂いがする。

二人は馬が合わずに口喧嘩が絶えないけど、オレは二人の匂いに包まれる生活が好きだった。

そんな二人の匂いを堪能しつつ学校に着くと、二人と別れ図書館に向かうオレ。

学校に来るのは涼みがてら自習する目的だけではないのだ。

本当の目当ては、図書館にいる花の匂いがする憧れの先輩に会うことだった。

夏休みの図書館を利用する者はいず、オレ一人。

美奈がこっそりついてきてて居眠りしてることは知る由もなかった。

先輩に軽く挨拶をして、何もないけど彼女と二人きりの時間がうれしかった。

いつも彼女は、手帳に何かを書き込んでいる。

何を書いてるんだろうと思いつつも自習に取り組んでいると物音がして目を向けた。

彼女は珍しく居眠りをしてて、あの気になる手帳が床に落ちていた。

オレは床に落ちた手帳を拾い、興味本位でちらっと中を覗いてしまった。

書き込まれた内容を見て目が離せなくなったオレ。

彼女の日記には、

いつもの彼がいて、乳首に洗濯バサミをつけてきたことに気づいてほしい。

アナルにパールを挿れて来たけど無反応だった。

オナニーしてたのに気づいてもらえなかった。

私のバージンを早く使ってほしい。

彼女が綴ったとは思えない破廉恥な内容の日記。

日記の最後には意味深なことが書かれていた。

こうなったらわざと日記を読ませちゃおう・・・・

夢中で日記を読んで何となく状況が呑み込め始めた時だった。

俺の背後に人影を感じたかと思った瞬間、花の匂いがする彼女に押し倒されて馬乗りされた。

彼女は顔を紅潮させ荒い息遣いで興奮しているのが伝わってくる。

彼女はゆっくり制服をはだけると、露出の多いレザーのボンテージスーツを露にした。

薄桃色に紅潮した白い肌。

大きな乳房とキレイな乳輪にピンと勃つ乳首。

オレの勃起した股間に控えめに覆うレザー生地越しに女性器を擦り付けられた。

興奮気味にズボンを脱がせオレの男性器を取り出す先輩。

オンナのフェロモンのような花の匂いを漂わせる彼女に、美奈と茜の視線に気づきながらも抗えない自分がいた・・・

2話ネタバレ 嗅ぎたい匂い、嗅がれたくない匂い



⇑匂いフェチの変態痴女を試し読み⇑

肌を覆う面積が少ないレザースーツに身を包んだ彼女。

花匂いの彼女のフェロモンによって視覚的なエロさはさらにオレを興奮させた。

陰部がパッカリと空いたボンテージレザースーツから覗く女性器からトロッと愛液が糸を引いた。

彼女がオレの汗で蒸れた男性器に顔を近づける。

汗臭いチンポの匂いを嗅がれると思うと、恥ずかしさとおこがましさが入り混じった何とも言えない気持ちになった。

そんなオレの気持ちを知ってか知らずか、彼女は愛おしそうにネットリと口に咥えた。

図書室をこっそり見に来た美奈と茜もオレと先輩が放つ淫らな匂いを敏感に感じ自然と手がオマンコに伸びていた。

幼馴染の美奈はオレのことを考えてオナニーしてると告白して、バージンを貰ってほしいと懇願した。

義妹の茜も負けじとオレの射精したティッシュの匂いでオナニーしてると言い出し、オレのチンポの匂いに誘われるように近づいてくる。

茜と美奈はいつもの口喧嘩をしつつ、奪い合うようにオレのいきり立つチンポを舐めまわす。

タイプの違う女性に囲まれ男性器を刺激する舌や唇の刺激に快感を覚えつつ、興奮によりムンムンと刺激的になってくる彼女の花の匂い。

特にあの花の匂いが引き立つ女性器をオレも舐めたい衝動に駆られる。

そんなオレを察するかのように、彼女は静かにお尻を突き出し顔の上に女性器を晒した。

オレは花の匂いがする濡れた女性器を夢中で舐めまわした。

美奈と茜はオレの匂いを求めるようにチンポを貪っている。

3人の汗と匂いのフェロモンとフェラの刺激に射精感が込み上げた。

3話ネタバレ 匂いに支配されてる

 

4話ネタバレ とにかくSEXした

 

「ハーレムは彼女の匂い」感想

魅力的な3人のヒロイン

幼馴染の美奈は健康そうな褐色の肌にロングな金髪ギャル風の女の子。

汗がよく似合い、汗に交じって漂う制汗剤の匂いがする。

この現実的な設定がエロさを引き立たせます。

どんな感じの匂いか伝わってくるのが良いです。

服装も制服の袖を捲ってタンクトップぽい裾から覗く脇がエッチですね。

そして、義妹の茜は石鹸の匂いがするかわいらしい女性。

タクミの背中に隠れていたチビも大きくなってオンナに成長している。

お兄ちゃん、お兄ちゃんっていう感じが良いです。

憧れの先輩は花の匂いがする一見清楚な女性。

でも中身は淫乱痴女そのもの。

ギャップがたまらなくソソられます。

レザーのボンテージスーツの絶妙な露出具合と肌の触感が伝わるような描写がサイコウ。

匂いフェチにはたまらない!

とにかく匂いが漂ってくるような描写が良い。

匂いって意外と好きな女性が多いのね。

好きな人の匂いは大事ってこと。

お父さんの匂いだったりする。

おじさん臭いお父さんの枕で寝ると安心したりしませんか。

成長するにつれて彼氏の匂いに代わり、結婚して息子ができれば息子の匂いがたまらなくなる。

そんな大切な匂いがあってもいいでしょ。

そんな匂いに焦点が当たったエッチな作品はおすすめです。

匂いフェチが絡み合うハーレムセックスをお得に読めるのはここだけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました