「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」4話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方はご遠慮ください

「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」は甘詰留太先生の作品です。

高校を卒業後就職した会社がブラック企業で心身ともに疲弊した陽人。

同級生だった妻の月輝子と結婚し現在は専業主夫をやっている。

妻とは結婚して2年が過ぎたが今でも仲が良くラブラブな関係。

何の不満もない生活だったのに、ひょんなことから元カノと運命の再会を果たす。

元カノの星奈も同級生の泉と結婚し専業主婦になっていた。

専業主夫と主婦でしかも、同じマンションという奇跡的な再会。

高校時代の綺麗な思い出。

しだいに揺れ動いていく心。

主婦友から男女の関係へ堕ちていく主夫と主婦の不倫劇は必見!

専業不倫を無料で読む方法はこちら

「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」4話のネタバレ

陽人は夢を見ていた。

星奈と愛し合っている。

それを突然、夕一郎に奪われてしまう。

自分は人生の主役だと思っていたのにいつの間にか脇役になっている事実。

愛しい人を失う怒りとも悲しみとも言えぬ感情の中、目が覚める。

現実は、今日も月輝子は会社泊。

妻に感謝しつつ支えるべく家事をこなしていく。

我ながら流れるような手際を自画自賛。

一段落つくと、誰もいない家の中で無性に人肌が恋しくなる。

陽人はエロ動画を見つつ自らを慰め始める。

自慰の最中にインターフォンが鳴る。

月輝子かと期待しつつ、玄関のドアを開けると、訪ねて来たのは星奈だった。

この前聞いた激安スーパーに行って見たが、辿り着けないということで一緒に向かった。

スーパーに着くと、野菜の詰め放題の入れ方を伝授。

公園のベンチで他愛のない話。

星奈はすでに家事を終えている陽人を尊敬し段取りを教えて欲しいと頼むのだった。

しゅふ友だと冗談を言っていると、星奈は陽人に辛いことある?と聞いた。

そういう笑顔の時は何かある時だと星奈には分かるのだ。

高校時代の記憶が甦る。

好きな人の事だから・・・

記憶のなかから陽人が言ってた元気になる方法を思いだし、星奈はつむじの臭いを嗅ぐ?と聞いた。

陽人はのらずに帰途につく。

胸を触るのはともかく、臭いを嗅ぐくらいは平気という星奈に、周りの目を気にする陽人。

星奈はこのまちに知ってる人なんかいないと言い陽人にはいるのか問う。

続けて、結婚しても私一人だったから・・・

星奈の一言に陽人の気持ちが揺れる。

 

「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」4話の感想

別れて日がたっても星奈が陽人の表情だけで気持ちを察する。

妻でも気づかない事を。

嫌いで別れたわけでもなさそうだし、星奈の状況に気づき始めて自分が守りたいと思ってしまう。

月輝子とはどうなるのか?

同級生だし複雑な人間関係。

続きが怖いけど見たい。

 

専業不倫を無料で読む方法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました