「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」8話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方はご遠慮ください

「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」は甘詰留太先生の作品です。

高校を卒業後就職した会社がブラック企業で心身ともに疲弊した陽人。

同級生だった妻の月輝子と結婚し現在の職業は専業主夫だ。

妻とは結婚して2年が過ぎたが今でも仲が良くラブラブな関係。

何の不満もない生活だったのに、ひょんなことから元カノと運命の再会を果たす。

元カノの星奈も同級生の泉と結婚し専業主婦になっていた。

専業主夫と主婦でしかも、同じマンションという奇跡的な再会。

高校時代の綺麗な思い出。

しだいに揺れ動いていく心。

主婦友から男女の関係へ堕ちていく主夫と主婦の不倫劇は必見!

専業不倫を無料で読む方法はこちら

「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」8話のネタバレ

瑠美に夕一郎の連絡先を聞き出そうとする陽人を必死に止める星奈。

瑠美は嘲けつつ、捨て台詞を吐き星奈の家をあとにする。

陽人は背に抱きつくように押さえていた星奈を振りほどき、夕一郎の連絡先を聞いた。

星奈は聞いてどうするのと陽人に返すと、一発喰らわせないと気がすまないと凄んだ。

星奈の気持ちも代弁してると同意を求める陽人に、それで済むならとっくにしてると星奈は目を背けた。

今は仕方ないと意味深に呟いたあと、夕一郎は会社で責任が多く、大変な時期だと言った。

自分が支えないとダメだけど今はすれ違いが多く自分の責任だと星奈は口にした。

星奈の言葉に納得できない陽人。

大変だから、忙しいから、自分の不倫に目をつぶれという理屈は理解できない。

それよりも、まるでしゅふを見下している夕一郎たちが許せなかった。

怒りを壁に拳を打ち付けている陽人を落ち着かせようとする星奈。

陽人は自分の状況と重なっていたのだった。

帰って来ない妻や、脱いだ服を片付けないことにいちいちイライラするのは自分が小さい男だからかと本音をもらした。

そんな陽人を優しく抱きしめる星奈。

私も一緒、陽人に再開できてよかったと。

ベットに横になり、家庭用プラネタリウムを眺める二人。

高校時代の懐かしい空間に気持ちが落ち着いた。

陽人は素に戻り、自分の行為を後悔した。

星な奈は月輝子と上手くいってないの?と陽人に問いかけた。

「専業不倫 堕ちていく主夫と主婦」8話の感想

陽人も頑張っているのに評価されない主夫にうっぷんが溜まっていたようです。

星奈の状況が自分に重なってしまい許せなかった。

専業主婦って本当に評価されない。

日々の中で当たり前になっていく。

毎日、家事を続けるのって本当に大変です。

愛する人の為だからできるのです。

少しでも感謝の気持ちが伝わると救われる。

当たり前じゃなくありがとうなのだ。

そんな日々が続くうちに、しゅふたちは自分がダメだと洗脳されていく。

そんな悲しいしゅふたちがたくさんいる。

居なくなったときに気づいても遅い。

不倫に逃げたんじゃない。

そうさせたのだ。

しゅふに感謝しよう。

専業不倫を無料で読む方法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました