「子産み島 週7で産めるメスたち」8話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「子産み島 週7で産めるメスたち」は愛玩☆実験室に掲載された青水庵先生のオトナ作品です。

青い海、青い空に白い砂浜。

日常を忘れさせる別世界。

ここは世間からも忘れられた離島。

牛比島と呼ばれるこの島は、はるか昔から村ぐるみで女をエロくする風習が引き継がれていた。

ここに住む女性はルックスもスタイルは抜群で、本能レベルで男に従順。

男に尽くすことこそが幸せなのだ。

何より、子作り用に品種改良を重ね進化した島の女は毎日でも出産できる最高のメスだった。

しかし、島内での近い遺伝子でまぐわってきたツケにより、外の遺伝子じゃないと子供が生まれないことに島民は焦っていた。

そんな中、離島めぐりが趣味の教師、尾崎誠一はこの島に降り立っていた。

牛比島の村長にあることを頼まれて島の学校に転勤してきたのだ・・・・

島育ちの褐色巨乳女子学生が卑猥なカラダで誘惑!

色気ムンムンの人妻の従順なご奉仕に興奮!

超名器の少女のオマンコで悶絶!

南の島で最高のメスとの子作り交尾は必見!!

♡試し読みはこちら♡

「子産み島 週7で産めるメスたち」8話ネタバレ



⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑

一晩で孕み臨月になった島のJK

朝起きると自分の部屋だった。

寝ぼけ頭が昨晩のこのみとの情事を徐々に思い出した。

民宿の最高のカラダのjkの娘との暴力的なセックスに溺れて憑かれたようにハメ捲ったのだ。

起きてこのみの部屋を覗くと、すでに布団は片付けられていた。

昨晩の情事の痕、畳のシミはまだ乾いていない。

1階の廊下に来ると朝食の良いか匂いが鼻をかすめる。

本当にできた子だと感心する俺だった。

台所に着くとかおりさんとりあなが朝食を作り終えていた。

かおりさんにお盛んでと言われつい謝ると、逆に孕ませていただいてありがとうと跪き深々と感謝されるのだった。

大きな乳房の谷間とデカ尻で蔑む人妻のエロさに欲情しょそうになる気持ちを抑えるのに必死だった。

かおりさんは島に希望が見えたとか相性が良かったと喜んでいる。

りあなはセックスなんて強姦だと島の風習には反対しているが、かおりに男の良さを説明されて窘められる。

それでも反論しようとするりあなをこのみが遮った。

お母さんが正しいよ。

そういって台所に現れたこのみのお腹は臨月のように出ていた。

腹ボテのカラダがエロ過ぎる

 



♡エッチな褐色エロボディーが最高♡

一夜にして身ごもったこのみ。

お兄ちゃんと私の子だよと言われてもピンとこない。

島の者同士だと2週間で生まれる島の女だが、全く違う遺伝子の俺の子種だとと期待していたらしい。

臨月のこのみは子供を授かり本当の女にしてもらえてうれしいと喜んでいる。

そんな臨月でホルモン全開のこのみのカラダにオレは勃起した。

詳しいことは島の診療所でとオレも付き添うことにした。

お昼頃にこのみのカラダに変化があり診療所に向かった。

診療所に着くとあっという間だった。

10分もすると赤ちゃんの泣き声がして、赤子を抱いたこのみがでてくる。

長老の家にいた看護婦さんにお父さんですねと言われても実感がない。

このみに促され赤ちゃんを抱いてみるとうれしい気持ちになった。

子産み島 週7で産めるメスたち」8話感想

お腹が出たこのみもセクシーです。

男を敬うかおりさんやこのみはいいですね。

りあなは反抗期ぽく反対してるけど今後が楽しみ。

妊娠期の女性は女らしさ全開ですから艶々でエッチ過ぎですよ。

 

♡試し読みはこちら♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました