「強制レンアイ」を無料で読む方法をリサーチ

漫画を無料で読む方法

「強制レンアイ」はWEBコミックガンマ+に掲載中のこじまたけし先生の作品です。

ピエンティーフルールという禁断の果実を欲する悪魔に目をつけられた兄妹。

悪魔の呪印により、2年以内にセックスするか死ぬかの強制レンアイを課せられてしまった主人公の春隆。

妹への思いを胸に死ぬかそれともラブコメするか?

兄×妹の禁断の恋愛ストーリーは必読です。

そんな、「強制レンアイ」を無料で読む方法をリサーチしたところ、簡単なステップを踏むだけで無料で読む方法がいくつかあったので紹介します。

FODで「強制レンアイ」を全巻無料で読む

結論から言いますが、FODという動画配信サイトに登録し、トライアル期間中に付与されるポイントを利用することで「強制レンアイ」を全巻無料で読むことができます。

FODはフジTVが運営する動画配信サイトです。

フジTV系列のドラマはもちろん、他の人気ドラマや映画、アニメなども配信されており、中には無料登録で利用できるコンテンツもあります。

「強制レンアイ」を無料で読むには、FODプレミアムのトライアル期間を利用します。

FODプレミアムは月額888円で見放題となる配信作品がある上に有料コンテンツに使えるポイントが毎月1300ポイント貰えるからです。

プレミアム会員は購入時に20%のポイントがあるのでさらにお得です。

「強制レンアイ」は600ポイントですがポイント還元により120ポイント戻るので、実質価格は480円で購入出来ます。

2019年4月17日時点では「強制レンアイ」は全1巻なので、貰えるポイントで全巻読める上に820ポイント残るので他の作品も読めちゃいます。

トライアル期間は31日あり、その間は月額料金がかからずにサービスを利用できますよ。

申し込みから31日が過ぎると料金が請求されますが、その前に退会も可能です。

退会しても違約金は発生しないので、まずは利用して見てください。

music.jpで「強制レンアイ」を無料で読む

music.jp は最新の音楽から動画、電子書籍に至るまで一つのサイトで楽しめる総合エンタメ配信サイトです。

music.jpでは新規プレミアム会員登録すると、30日間はお試し期間で無料&有料コンテンツに使えるポイントが962円分進呈中です。

このサービスを使って「強制レンアイ」を読んでしまいましょう。

music.jpは「強制レンアイ」が712円で購入できるので、1巻は無料で読めますね。

30日を過ぎた時点で登録した月額料金が発生しますが、30日以内に退会しても違約金等はありません。

ただ、利用してみるとわかると思いますが、月額料金を払うだけの価値のあるサイトなのでそのまま継続するのもおすすめです。

プレミアム会員のプランは500円コース(月額540円)、1000円コース(月額1080円)、テレビ1780コース(月額1922円)となっていますが、実際に使えるポイントは、500円コースは640ポイント+1000円分の動画ポイント、1000円コースは1330ポイント+1000円分の動画ポイント、1780円コースは1922ポイント+1000円分の動画ポイントとお得。

月額料金は無料コンテンツ利用料だと考えれば、毎月好きな漫画や映画を無料で1~2本見れるようなものです。

普段から本を月に2、3冊買う人やCD、DVDをレンタルしている人は、もしかするとかなり損をしているかもしれませんよ。

一度、music.jpをご覧になり確認してみてはいかがですか?

music.jp会員登録はここから

「強制レンアイ」を無料で読めるアプリはある?

「強制レンアイ」を全巻無料で読めるアプリをリサーチした結果、WEBコミックガンマ+で無料連載中でした。

2019年4月17日時点では、1話、2話、5~7話が無料で配信されています。

「強制レンアイ」は毎月15日に配信されているようです。

WEBコミックガンマ+は毎月5のつく日に更新される少しエッチなWEBコミックマガジンです。

作品ごとに5日、15日、25日のいずれかに更新され無料で読めます。

1話と2話、最新話から3話前まで常に読むことができます。例)最新話が9の場合、1話、2話、7~9話が読めるという感じです。

他にも面白い作品があるので確認してみてください。

漫画村の代わりにzipやrarを使うとどうなるの?

漫画村の摘発以降、漫画村の代わりにzipやrarといった違法ダウンロードサイトを利用している人もいるようです。

無料で人気の漫画が読めるからと言ってzipやrarファイルを安易にダウンロードするのは危険です。

ダウンロードしたファイルには敵意ある情報が紛れ込んでいる恐れがあります。

ファイルを開いた瞬間、警報音が鳴り響き今すぐここに連絡してください。だとかアダルト系のホームページが勝手に開き新規登録ありがとうございます、10万円振り込んでください。みたいな詐欺被害に遭う場合もありますし、住所氏名電話番号などの個人情報や各サイトの登録IDやパスワードなんかが盗まれ悪用されることも実際に起きています。

ウィルス感染によりスマホやパソコンがダメになるといったケースも後を絶ちません。

漫画代の代償としてはリスクの方が大きすぎると思いませんか?

漫画村の代わりはzipやrarではなく、違法性のない電子書籍サイトやアプリを利用することをお勧めします。

「強制レンアイ」のあらすじ

「ピエンティ・フルール」それは人間の欲望で育ち、色欲で味が変わるとされる果実。

中でも恋愛と呼ばれる感情で育った果実は天使や悪魔を魅了し争いを生んだために、口にすることは許されない禁断の果実となっていた。

ピエンティ・フルールを食べたいと強く思っている悪魔、アスモデウスはラブホに現れ、カップルの色欲を求めていた。

千人以上の色欲にあててみたが、まだまだ熟すには至らなかった。

蒼井春隆は友達から金城先輩が彼氏と別れたことを聞く。

彼氏と別れたから俺らにもチャンスがあると話す友達に、3年の金城ひかりは生粋のお嬢様で俺たちなんか相手にされないよと春隆は言う。

それでも、金城先輩は肉食で付き合う男の趣味もバラバラだと食い下がる。

ただ単に男好きなんじゃと春隆が言ってもそれでも美人なら俺はいいと言い張る。

俺には関係ないと思っていたのだが、金城先輩に告白される。

春隆にとって初めて女の子からの告白だった。

「前から君のこと気になってて、私でよければ付き合ってほしい」

初めての体験で焦りと妄想が頭をよぎる。

「できれば今返事を聞きたい」

春隆はこんなチャンス2度とないと思うが、「俺好きな人いるんです。すいません。」と断る。

「あ、そっか。残念。私のことは気にしないで。ありがとう。」と金城先輩は立ち去る。

金城先輩が行った後、「うおおおおおぉー!馬鹿か俺は、2度と春は来ない」と嘆く。

しかし、春隆にはどうしても忘れられない大切な思い出があった。

ずっと捨てられずにいるおもちゃのペアリングを指にはめてみる。

あいつもまだ持ってるかな。

その時誰かの視線を感じ、指輪を外して戻る。

金城先輩は告白を断られ、ムカついていた。

春隆がため息をつきながら廊下を歩いていると花火が「おや、そこの少年。ため息をつくと幸せが逃げますよ。さては恋の悩みですね。」と声をかけてくる。

「お前って昔から勘が鋭いんだよな」

「やだ、当たっちゃった。教えて」

「嫌だよ。」という春隆のほっぺをつねり「なーに。その顔は。私は幼馴染として聞いてるんだぞ」と顔を近づける花火。

お互いに接近しすぎて、顔を赤らめて離れる。

春隆は金城先輩に告白されたことを花火に教える。

「それでどうしたの」

「断ったよ。だって一度も話したこともないんだぜ。」

「そっか。」と含み笑い。

「何笑ってんだ」

「笑ってないよ」

その時、妹のましろに気づく二人。

ましろは先輩の男に告白されるが、「わたし、好きな人がいるので」と断る。

春隆が声をかけると、「今の見てたの?二人とも」と驚くましろ。

「関係ないでしょ」とごまかすが、花火に「もしかして、告白されてた?」と聞かれ

「なんで感が強いの!」

「あれ、当たっちゃった。」

「お前、あいつと付き合うのか?」

「ダメだよ。さっきの人、諸星先輩って言って、サッカー部でプロも目を付ける選手だけど、すごい女グセ悪いって有名なの」

ましろは「ストップ。ちゃんと断ったから」

「なんだ。よかった。久しぶりに一緒に帰るか、ましろ」

「しね。花ちゃん、お兄ちゃんと遺書にいないほうがいいよ。おにいちゃんいつも花ちゃんのおっぱいがん見してるから」

「こっちを見ろ。人間」突然聞こえる声。

春隆が見ると蛇が襲ってくる。

「我が名はアスモデウス。悪魔だ。」

春隆は「なんだあいつ?」と友達に聞くが「誰もいねぇじゃん」と他の人には見えていない。

「ピエンティー・フルールを人間の恋愛エネルギーで育て食べるのが目的だ」

「はっ?なんのエネルギーだって?」

「お前はさっき金城とかいう小娘の愛の告白をなぜ断った?色欲は臭いでわかるぞ。」

「お前は求めてたはずだ。あの生娘とのセックスを!」

蛇の目でにらまれ「すべて我に捧げよ」と洗脳される。

ましろも同じように洗脳される。

アスモデウスに操られ、春隆は金城に、ましろは諸星のもとへ行き告白し直す。

金城にキスしようとした瞬間、あの指輪が落ちて、春隆の意識が戻る。

勝手に動き出す体。

ふと昔の記憶がよみがえる。

「ましろ、一緒にいる男と女を夫婦というんだって。」「お兄ちゃん、兄弟は夫婦になれないよ。」

「え?ましろと結婚できないの?」

「ましろはいいよ。おにいちゃんのお嫁さんになってあげても」

「やった!じゃぁ今度いいものあげるよ。お父さんとお母さんが持ってるやつ」

「色欲を捧げろぉ!」アスモデウスが叫ぶ。

「ましろぉー!」と自ら地面に頭を打ち付けると体が動くようになる。

「人間ごときに私の魔力が破られるとは」

その時、ピエンティー・フルールが反応する。

ましろを助けるため、屋上から飛び降りる春隆。

間一髪、諸星とのキスを防ぐことができる。

諸星はアスモデウスに「発情した豚め」と豚に変えられてしまう。

そして「お前たちには高純度のエネルギーが秘められているようだ。ただ私にはお前たちの恋愛プロセスは理解できない。」

「そこでお前たちにあるルールを強制する」

二人の体に蛇の呪印が施される。

「これから二人には2年以内に「番い」をを作ってもらう。それができなければそのまま死ね。」・・・

 

まとめ

「強制レンアイ」を全巻無料で読む方法をリサーチはいかがだったでしょうか?

WEBコミックガンマ+では7話まで配信されていて、毎月15日に更新中です。

FODやにmusic.jpに登録すると全巻無料で読めます。

この機会にお試しください。

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました