「明日のエサ キミだから」8話あらすじ&ネタバレ

一般

「明日のエサ キミだから」は月間ヤングマガジンに連載中の若杉公徳先生の作品です。

学園に突如として現れた人を喰らうバケモノ。

バケモノから身を守る為の苦肉の策はバケモノに生贄となるエサ(人間)を与えることだった。

学園を舞台にカースト底辺の主人公が生き残りをかけるサバイバル漫画。

スリルの中に絶妙な加減でインサートされるギャグのスパイスが病みつきになる作品です。

今回は8話のあらすじやネタバレ、感想をお伝えします。

前回のあらすじ

主人公の笹塚宗太が通う学校に突然現れた人を食べるバケモノ。

逃げられないことを悟った者達は、1日に一人づつバケモノのエサにすることで生き延びてきた。

新たな人間が加わったことで、酒井が作ったエサとなる人間を指名する制度を見つめなおす。

宗太がくだした判断はじゃんけんでエサを決めることだった・・・

7話のあらすじを詳しく読む

「明日のエサ キミだから」第8話のあらすじ

夕食が出来上がり、メンバーが集まり宗太が口を開く。

「えーと、あの、明日のエサは・・・じゃんけんで決めましょう」

「はっ?」

意外な言葉に驚く一同。

仁田脇は「逃げやがったな、こいつ」と口を開く。

ひじりは「ウチらを指名したらぶっ殺すところだったのに」といらだつ。

そこに「あら?」とおばあちゃんが声を出す。

「私をエサにしてッて伝えたんだけど」

卓也が「なに言ってんの。年寄りでも子供でも命の価値は同じ、平等なんだ」と訴える。

「おばあちゃんが死ぬことはないんだ。一緒に生きよう」とおばあちゃんに話しかける。

ひじりは「ふん、きれいごと並べやがって・・・で、いつじゃんけんすんだよ」

宗太は明日の昼までに決まっていればいいので、明日の朝ここでじゃんけんしましょうと伝える。

政井が撮影しながら「酒井政権が崩壊し、なんと明日じゃんけん大会でエサが決定されるようです」とレポートする。

宗太は政井をみて酒井が死ぬ前に言っていた「政井はやめておけ、気になるなら自分で調べろ」の言葉を思い出す。

酒井が寝ていた教室を調べた宗太は、全校生徒の名簿を見つける。

エサになったものはバツがつけて消されている。

名簿を見ていくが政井の名前はなく、欄外に政井崇、部外者、ヘリと書き残されていた。

宗太は「部外者ってっ、ここの生徒じゃないってこと?ヘリ?自衛隊の・・・ずっと撮影していて・・・まさか政井君って」政井の正体に気づき始める宗太。

そこへ山吹が突然入ってきて驚く宗太。

山吹は「ここにいたのか、もう少しで体が出来上がる。あと数日でピークに持っていける」

宗太は「えっ何のこと、それより・・・」

山吹は宗太の言葉を遮り続ける「その時が来たら、私があのバケモノを倒す」

「ええーっ」驚く宗太。

山吹は「その時は私をエサに指名してくれ。だからあしたもしじゃんけんで負けたらエサを代わってほしい」と宗太に頼む。

「なんでぇ、戦うんでしょ?」

「ピークまでまだかかる」

「今まで助けてあげたでしょ、よろしく」と山吹は教室を出ていく。

宗太はじゃんけんで負ける確率が2倍になったと愕然とする。こんなことならじゃんけんにせず指名すればよかったと後悔する。

翌朝、皆が集まりじゃんけんが始まろうとしていた。

最初はグーで、一回勝負。

仁田脇は「まさかジャンケンで命を懸けるとは」と複雑な気持ちを吐露する。

ひじりも「クソっなんでこんなこと」

ナオは腕をひねり何を出すか決めている。

おじさんはぶつぶつ独り言。

政井は「よしっ」と決まった様子。

卓也はおばあちゃんに優しい言葉をかける。

するとおばあちゃんが突然声を上げる。

「あのぉ、私、グー出しますから」

一同「えっ?」

卓也が「おばあちゃん何言ってんの?ダメだよ」

おばあちゃんは「私が死ぬのが順当。死んで悲しむ家族ももういないから」と穏やかに話す。

それでも卓也は「そんなことない。堂々と勝負すればいい。みんな今の言葉はなしだから」と皆に言う。

おばあちゃんは「私は本気ですよ」と宣言する。

卓也は「みんなパーを出す気じゃないだろうな」と皆を責める。

宗太はパーを出せば勝てる思いと良心が葛藤する。

卓也は「この狂った世の中で、ひとの心まで失ったら終わりだぞ!」と最後まで皆に問いかける。

そしていよいよ決戦の時。

最初はグー、ジャンケン、ポン!

皆がグーを出している中、一人だけパーを出した人がいる。

パーを出したのは卓也だった。

「えっお前パーって」

「さんざん言っておきながら、ばあさん殺そうとした」と仁田脇。

ひじりが「偽善者」と軽蔑する。

おばあちゃんも「卓也く・・・」と言葉を失う。

卓也は「ヤラセだろ!と逆切れする。

宗太が「ヤラセならやり直しましょうか」と聞くと、

卓也は「勝負は勝負だから」と「勝ちは勝ちぃ」とおかしくなり言い続ける。

宗太たちが続きをしようとすると、おばあちゃんが窓を開け始め、「あなたたちには、優しさをもらいました。若い人に未来を託します。」と言って自ら窓から身を投げだした。

突然の出来事に驚き、悲しむ一同。卓也は精神が壊れてしまった。

仁田脇が「明日のエサはどうすんだ」というと、不気味なおじさんが「明日などもうこない」とつぶやく。

廃墟となった街。

壊れた1台の車の中に無数の卵。

卵から孵化したのは小さなバケモノだった・・・・

「明日のエサ キミだから」第8話の感想&考察

卓也の偽善者ぶりは良かったですね。

あそこまで徹底していると裏切るのではと、途中から思っちゃいました。

卓也の次のエサは確定なような気がします。

山吹さんもついに活躍の時が来そうなので楽しみです。

今回、気になったことは以下です。

政井について

政井はなにか謎があるとは思っていましたが、今回で少し明らかとなりました。

政井は学校の生徒ではなく部外者でした。

自衛隊の人で撮影するのが任務といったところでしょうか?

汚らしいおじさんは何者?

汚らしいおじさんは見るからに怪しいですよね。

バケモノをミケと呼び、卵が・・・とつぶやいたり、何かを知っているのは確実です。

帽子を脱いだ時に見えた額のマークは何なのでしょうか。

何か意味のある伏線かもしれません。

バケモノの卵について

宗太がバケモノのシッポの変化に気づいた描写がありましたが、卵を産んでいることの伏線だったようですね。

あんなにたくさんバケモノの子供が現れて絶望的な感じです。

これからどうやって生き抜いていくのでしょうか。

まとめ

「明日のエサ キミだから」第8話のあらすじ、感想はいかがでしたか。

もう、次の展開がどうなるのかわかりません。

明日のエサキミだから2巻

コメント

タイトルとURLをコピーしました