「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください




「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」は愛玩☆実験室に掲載された裏ドラ満貫先生のオトナ作品です。

弟のように可愛がっていた幼馴染の少女が、6年ぶりに会ったら綺麗な女性に成長してた。

ムチムチの体でお兄ちゃんにならいいよと積極的に迫られたら、お兄ちゃんは我慢できません。

里帰りした田舎で幼馴染と濃厚エッチ。

ボーイッシュな年下ホルスタイン女性にリードされるHは必見です。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」1話のネタバレ



徳島倫太郎は高校卒業を機に故郷を離れ社会人となって6年が過ぎていた。

慣れない都会での生活と仕事で疲れきっていた倫太郎。

突如、思い立った倫太郎はストレスをリフレッシュするため有休を使い6年ぶりに里帰りする事にした。

実家には母親しかおらず、妹もまだ倫太郎が来ていることを知らなかった。

もう少しで妹も帰るだろうと久しぶりの実家でくつろいでいると、思い出したように母親が隣の香川さんの事を話した。

隣の家の夏樹は女の子だけど男の子のような容姿で弟みたいに可愛がっていたのだった。

母によると、今でも俺のことを気にしているらしい。

子供が少ない村なので小中学校の全学年が合同で授業を受けていたこともあり、子供たちの仲は良かった。

当時の思い出に浸っていると、聞き覚えのある女の子の声が聞こえてきた。

玄関を見に行くと学生服に身を包んだ今どきの女子高生が立っていた。

成長してて一瞬分からなかったが、お互いにすぐに気づく。

夏樹ははじけるような笑顔で倫太郎の帰省を喜んでくれた。

夏樹のあっけらかんとした性格のおかげで6年の歳月も感じないほど、昔のように話が弾む。

夏樹を家にあがらせてお互いの近況を話したり、他愛のない会話の中でなんとなく気になって男関係のことを聞いた。

当然といった態度の夏生に少し動揺した倫太郎だったが、それはジョークで実際はいないと聞いて心の中でホッとした。

改めて、夏樹見ていたら6年でこんなに変わるものなのかと信じられなかった。

昔の夏樹は男の子ぽかったこともあり、成長した豊満な胸や、はち切れそうなムチムチの太ももに思わず目が止まってしまう倫太郎。

倫太郎の視線に気づいた夏樹は生意気に俺をからかってきた。

倫太郎は動揺を隠すように平然と取り繕う。

すると、夏樹が大胆な行動をとる。

いきなり倫太郎の股間を握ってくるのだった。

倫太郎は夏樹をの大人になった体を見て勃起しており、夏樹もすぐにそれに気づくと、二人の間に気まずさが走った。

タイミングよく妹が帰ってきて夏樹は妹の方へ行ったので何とかその場はしのぐことができた。

そのあと、母親と妹に村の人たちの集いに倫太郎も誘われたが、夏樹と会うのは気まずかったので家で留守番することにした。

何もすることもなく、裏庭で寝ていて人影に気づき、目を開けるとタンクトップにショートパンツ姿の夏樹が目の前に立っていた。

妹から倫太郎が家で留守番してると聞いて、お土産のお返しにスイカをもってきたという。

玄関で呼んだけど、返事がないからきっと昼寝でもしてるんだろうと見当をつけて、勝手に裏庭まできたのだった。

倫太郎は夢の中の夏樹の体でまたしても勃起していて大きくなっている股間を夏樹に見られてしまう。

朝勃ちとごまかしたが、寝言で夏樹の名前を呼んでいたのを聞かれてしまっていては説得力がなかった。

夏樹はおもむろにタンクトップを捲り上げ、豊満なおっぱいをおもむろに露出する。

そして俺のイチモツも露出させようと誘ってさせようときた。

「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」1話感想

幼かった少女が6年の間にすっかり女になっていた。

当たり前のようですけど、当事者の戸惑いは大きいことが伝わってきます。

大概はお互いに照れなどで昔のようにとはいかないものですが、夏樹がお兄ちゃんに好意を持っていたことから、すっかり打ち解けることができました。

夏樹はボーイッシュなところを残しつつ、女性の色気、ムチムチの体つきに成長。

お兄ちゃんとは言っても、実の兄弟ならともかく、隣の子ですから豊満な体につい目が行ってしまうのは仕方ありません。

夏樹は男の扱いも上手なようで、お兄ちゃんの視線に気づくと「見てたでしょ」といじりだします。

これも好意があるから出る言葉ですね。

普通なら嫌悪感が出るものです。

それからの、股間掴み。

このシーンも昔の名残のような無邪気さを感じさせました。

ここでお兄ちゃんが勃起していなければ笑っておしまいのところ、夏樹の体ですっかり股間を大きくしてしまい、不意につかまれてしまったものだから、お兄ちゃんとしてはバツが悪かったですね。

村人の集いにも行けないくらいのダメージ。

留守番しているところに夏樹が現れます。

夏樹は自分に欲情してくれたことがうれしかったんでしょうね。

弟に見られていたことが幼心にもどかしかったのかもしれません。

それから積極的に自らタンクトップを脱ぐシーンも男にはたまらない瞬間ですね。

これからもっとエッチなシーンが出てくるので楽しみですね。

 

>>>今すぐ試し読みするならこちら<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました