「日に焼けるまで田舎の従姉弟と姉と弟」4話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください



「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」は愛玩☆実験室に掲載された達磨さん転んだ&チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

都会に住む姉弟と田舎に住む姉弟の従姉弟たち。

幼い頃は日に焼けるまで外で遊んだ4人も思春期を迎え、興味は違うものになっていた。

思春期の姉弟たちの好奇心で始まった性的行為は次第にエスカレートし止められなくなっていく。

純情な思春期の姉弟たちのひと夏の秘密の遊びを覗くことができます。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

 

>>1話から最新話のネタバレをまとめて見る<<

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」4話のネタバレ


涼音はただの悪ふざけと軽い気持ちだったのに、大事な初体験を従弟に奪われてしまったことに少し後悔していた。

しかし、タケルにディープキスされながら再び中に挿れられると、気持ちが高ぶり込み上げてくる快感にどうでもよくなった。

再び濃厚なキスをしながらセックスする二人を見て、愛実は心の声が思わず口から洩れヒロトに同意を求めていた。

二人の性行為をみながら興奮し、愛美は自らの性器をまさぐりはじめた。

ヒロトに自分たちもと促すと、パジャマを脱いで豊満な乳房が露にする。

ヒロトは豊満な愛美のバストをみるとこれから体験する行為に興奮を覚えた。

愛実は布団にあおむけになり、脚を広げる。

ヒロトは愛実の広げた股に割り込み、はち切れんばかりにいきり立った男性器をそれらしいところに強引に押し付けるが、挿らず焦る。

愛美にリードされ場所を教えてもらいあてがうと、亀頭の敏感な部分が挿った。

今までに味わったことのない快感に射精感を覚えるが、そのままゆっくりと腰を押し付けて奥まで挿入した。

愛実は初めてはヒロトでよかった的なことを言い、涼音たちのようにしてと伝える。

その言葉に応じるようにヒロトは激しく腰を振り出す。

何も考えられなくなるような快感に耐えながら、激しく突いていくと、次第に愛実も感じだし、卑猥な言葉を漏らした。

ヒロトは愛実の大きな胸をここぞとばかりにむさぼる。

突きながらの胸の愛撫にさっきより激しき感じる愛実。

感じるたびに愛美の中がヒクヒクと締め付けヒロトの射精感も限界に達し、愛実の中に精液を流し込んだ。

それぞれに初体験を済ませた4人の行為はまだまだ続くようだ。

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」4話感想

片方のカップルがおっぱじめると、雰囲気的につられてしまうのはあるあるですね。

たいして好きでもない子と、流れでキスとかの経験は結構あります。

エッチまでとかはなかなかないですけどね。

この4人は好きか嫌いかで言えば好きでしょうから、なるべくしてなったという印象を受けます。

涼音とタケルのカラミ。

最年少なのに積極的で強引なタケルは好きですね。

可愛いのに性の目覚めが早くて、将来が心配ですが。

一方、ヒロトは奥手。

相手がお姉さんだから、この場合はかわいい男子みたいで好きな女性も多いので良いのですが、年下相手になると弱いのがこのタイプ。

男はリードするくらいじゃないとだめだぞ。

相手が愛実でよかったね。

愛実さんは男に好かれるタイプでしょうね。

面倒見もよさそうだし、あっけらかんとして誰とでも気さくに話せるような印象です。

この手のタイプって本人は何とも思っていないのに、相手は好意があると勘違いされやすいんです。

ともかく、愛実のリードによってヒロトも童貞を卒業でき、気になってた巨乳も堪能できてよかったです。

思春期の初体験をのぞき見した気にさせられるエッチな描写はお勧めできます。

>>>今すぐ試し読みするならこちら<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました