「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」3話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください



⇑⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑⇑

「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」は愛玩☆実験室に掲載された裏ドラ満貫先生のオトナ作品です。

弟のように可愛がっていた幼馴染の少女が、6年ぶりに会ったら綺麗な女性に成長してた。

ムチムチの体でお兄ちゃんにならいいよと積極的に迫られたら、お兄ちゃんは我慢できません。

里帰りした田舎で幼馴染と濃厚エッチ。

ボーイッシュな年下ホルスタイン女性にリードされるHは必見です。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」3話のネタバレ



夏樹のホルスタイン級の乳房に挟まれ口の中に果てた俺の息子は、快感と興奮の余韻によって、萎むことも忘れていた。

もちろん、夏樹も俺のヤル気満々の男性器に気づいていた。

射精させた興奮も手伝っていたかは分からないが、夏樹は大胆に腟口を広げて俺に見せるのだった。

そのまま、俺の上に跨る形で夏樹は
いきり立つ男根に手を添えて自分の腟口にあてがった。

そして、ゆっくりと感触を味わうように卑猥な言葉を口にしながらを沈めていく。

大好きな俺のために、献身的に腰を振ってくれる。

動く度に、肉感的な大きな乳房がユサユサと揺れる。

俺も下から突き上げてやると卑猥な喘ぎ声とともに絶頂を迎える夏樹だった。

しかし、俺はさっき一度射精したこともあり、まだ余裕があった。

「6年ぶりに帰省したら弟のように思っていた幼馴染の体が」3話感想

男の人って、早漏に敏感な人って多いよね。

エッチの前にオナニーして出して来たり、手や口で抜いてって言う男が結構います。

直ぐにイっちゃうと恥ずかしいんですか?

女性は以外に嬉しかったりします。

だってそれだけ興奮してるってことでしょ。

倦怠期とかを経験すると分かると思いますが、男って慣れてしまえば興奮度が冷める生き物なんです。

それでも、向き合って満足させてくれる男性に愛を感じる。

話がそれましたが、とにかく一度射精してからエッチすると長持ちしがち。

この状況であのエロボディーに持ちこたえたのは称賛に値します。

献身的なエッチは見習いたいですね。

騎乗位で献身的な腰振りに暴れる巨乳はスゴくエッチなので必見ですよ。

 

>>>今すぐ試し読みするならこちら<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました