「日に焼けるまで田舎の従姉弟と姉と弟」6話ネタバレ&感想

一般

 

この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください



「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」は愛玩☆実験室に掲載された達磨さん転んだ&チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

都会に住む姉弟と田舎に住む姉弟の従姉弟たち。

幼い頃は日に焼けるまで外で遊んだ4人も思春期を迎え、興味は違うものになっていた。

思春期の姉弟たちの好奇心で始まった性的行為は次第にエスカレートし止められなくなっていく。

純情な思春期の姉弟たちのひと夏の秘密の遊びを覗くことができます。

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

>>1話から最新話のネタバレをまとめて見る<<

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」6話のネタバレ

すっかりと秘密の遊びに夢中になった4人は、親が家にいる日は、外に出掛けるようになった。

向かった先は、以前は缶蹴りや鬼ごっこ、虫取りに夢中になって遊んだ思い出の神社だった。

しかし、神社につくなり始めたのは、秘密の遊びの方だった。

神社の賽銭箱の前で、おもむろにパンティーを下ろす姉たち。

愛美の誘いの言葉に、タケルとヒロトは彼女たちの背後から既に臨戦態勢が整っている男性器を挿入した。

外でする性行為の解放感に興奮を隠せない4人

愛美は、家でする時のように喘ぎ声を抑える必要もなく、大胆に喘いでいた。

いつものように喘ぎ声を抑えつつ感じている涼音に我慢しないように促す。

突然、タケルがヒロトに先に絶頂させる競争を持ちかける。

ヒロトが返答に困っていると、愛美が食い付き勝手に勝負が始まる。

タケルは乱暴に涼音に腰を打ち付け始めた。

自分の姉が乱暴に犯されているのを見たヒロトは複雑な感情が過りタケルに注意してしまう。

しかし、言葉とは裏腹にヒロトの男性器は興奮によっていつもより逞しくなっていた。

涼音はタケルのに激しい腰の動きに合わせるように、声をあげてよがっている。

ヒロトも負けん気が起こり愛美を激しく突いた。

いつもより逞しい性器で激しく突くヒロトに愛美は答えるように乱れる。

そして、4人ともほぼ同時に絶頂を迎え果てた。

既成事実を作る為、虫とりに草影に入ったタケルと涼音。

そこで、タケルは勃起した男性器を涼音の口に含ませた。

快感に浸り、徐々に激しく喉奥まで男性器を出し入れさせる。

そのまま絶頂に達したタケルは涼音の口の中に精液を流しこみ、飲み込ませた。

「日に焼けるまで 田舎の従姉弟と姉と弟」6話感想

親がいるとエッチできないのは共感できますよね。

買い物でも行ってくれれば、1時間もあれば終わるのにと思う気持ちありました。

彼らの行動力は凄いです。

田舎設定だから、そういうことも可能ということでしょう。

でも、田舎の方が見つかった場合、個人が特定されやすいので怖いですよ。

青姦といえば、林檎さんですが、若いときって本当に性欲が盛んでどこでもヤリたくなるもの。

二十歳ぐらいの時、夜釣りに行った漁港で青姦したことあります。

最初スカート捲って、立ちバックだったけどお互いにイけなくて、結局バスタオルしいてガッツリ正常位でヤッた記憶が今も鮮明に残っている。

若気の至り。

皆さん、青姦はダメですよー!

マンガで想像を膨らませましょう。

>>>今すぐ試し読みするならこちら<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました