「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」6話ネタバレ&感想

一般


この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください



「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」は愛玩☆実験室に掲載された嵐山ゆーすけさん&smalldog先生のオトナ作品です。

アイドルの秘密を知ったコミュ障オタクな主人公が、弱味で脅し溜まりに溜まったエッチな妄想を実行して行く。

憧れのアイドルにフェラさせたり、生でセックスしたり。

アイドルやコスプレ好きには溜まらないシチュエーションとエピソードは必見です。

 

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中の こちら

「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」6話のネタバレ



奈緒はフェラでギンギンにさせた男性器の上に跨る。

唾液で濡れて黒光りする男性器を生のまま、自ら女性器にあてがってゆっくりとそれを沈めていった。

アイドルの制服姿で俺に跨り腰をグラインドする奈緒。

卑猥な言葉で今の状況の感想を俺に聞く。

俺の快感を見ると嬉しそう奈緒。

そういう奈緒も流延を垂らしながら喘いでいる。

さらに、アイドルの女性器に男根が出たり入ったりしている結合部が大きな尻の間から見て取れる。

アイドルが口にしてはいけない淫らな言葉を口にするから、二人はいつもより興奮し激しくカラミ会う

奈緒に中出しを懇願され二人同時に絶頂に達した

アイドル一色奈緒はどうやらキモオタの俺に惚れてしまったようだ。

俺との関係はこの後も続き、それが良かったのかどうかは定かではないが、奈緒はアイドルとして一線で活躍。

俺は彼女のマネージャーとして働いている。

そして今、彼女と一緒に彼女の両親のところへ挨拶に行くところだ。

 

「レンタル彼女本気セックスを覚えたら」6話感想

レンタル彼女としてじゃなく、脅されているわけでもない。

そんな状況でのエッチはいい感じでした。

アイドルが自ら進んで、男性器を愛撫してくれるなんて、男性器をアイドルの綺麗な小さい手で掴み、自らの女性器に導く。

献身的な腰振り。

欲情を昂らせる卑猥で淫らな言葉。

アイドルが淫乱さをさらけ出し快感に没頭する。

前半は凌辱感、後半は淫乱痴女が楽しめます。

そして、ストーリー性もあって女性読者も納得の作品だとお勧めします。

 

>>>今すぐ試し読みするならこちら<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました