「元ヤンJKサキ」1話~3話ネタバレまとめ&実質無料で読む方法

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「元ヤンJKサキ」は愛玩☆実験室に掲載された石鎚ぎんこ/三崎先生のオトナ作品です。

元ヤンキーJKのさやかは子供に関心のない片親の環境で育つ。

当たり前のように悪友たちとつるみ「ウリ」を覚えサキと名乗り夜の街を歩いた。

お金目的だった「ウリ」。

いつしかオジサンたちとのセックスはさやかの心の隙間を埋めてくれるものとなっていた。

そんな時にかなえという親友と呼べる存在ができた。

もう「ウリ」はしないと誓う。

かなえの家に遊びにいくと信じられない現実が待っていた。

「ウリ」の太客だったオジサンがかなえの父親だったのだ。

かなえの父親はかなえが寝てるすぐそばでサキの体を求めるのだった。

JKのリアルなストーリーにエッチな描写。

改心した少女が思い出すセックスの快感。

オジサンの卑猥で乱暴な責めにゾクゾク、ヒヤヒヤしつつもエッチな展開に興奮してしまう。

 

すぐに無料で試し読みできるのは先行配信中のこちら

「元ヤンJKサキ」1話のネタバレ



⇑⇑⇑実質無料で読めるのはここ⇑⇑⇑

紺堂さやかはウリのときはサキと言う偽名を使っている。

両親はさやかに関心がなく、悪い友達とつるみ直ぐにウリを覚えた。

初めは金目当てだったのだが、オジサン達と寝てるうちに心のスキマが埋まるような気がした。

中でも一番の太客は眼鏡のオジサンだった。

自分勝手な乱暴なセックスする眼鏡のオジサンとは数えくれないほど寝た。

そんな時に、初めてまともな友達ができた。

多恵田かなえと同じクラスになり、なぜか懐いてくれ、かなえも片親だとわかると自然に仲良くなった。

ウリをやってることを打ち明けると親身になって心配してくれ、それからサキと名乗るのは止めた。

そして、かなえの家に遊びに行ったとき、さやかは自分の目を疑った。

かなえの父親はあの眼鏡のオジサンだったのだ。

かなえとの会話も上の空でトイレに立つさやか。

気づいてないことを祈りつつ、トイレから戻ると、かなえの部屋にオジサンがいた。

泊まって行きなさいと二人に言われて押しに負けて断れずにシャワーを浴びていたさやか。

さすがに娘がいるのに襲って来ないだろうと思っていた矢先に、オジサンが風呂場に入ってきた。

寂しかったよ、サキと声をかけるオジサンに裸を隠しながら、もうウリはやってないとさやかは言った。

オジサンは構わずさやかに抱きつき、お尻をギューと鷲掴み頬にキスをしてくる。

拒むさやかに直ぐに終わると乳房を舌で愛撫してきたが、かなえに気づかれそうになり、その場はしのげた。

 

「元ヤンJKサキ」2話のネタバレ

その後、オジサンは現れずさすがにかなえが隣で寝てるから大丈夫と眠りについたさやか。

ぐっすりと眠っているさやか。

股を拡げてホットパンツがプックリした陰部に食い込んでリラックスした格好で眠っていた。

そこへあのオジサンが現れる。

眠りにつくのを待っていたのだ。

眼鏡のオジサンはサキが偽名を使っていたことや風呂場で拒んだ事を汚い言葉を吐きかけた。

寝ているサキの股間に顔を沈め、女性器の臭いに興奮し脚をM字に開脚させ更に鼻を付けて臭いを嗅いだ。

興奮が高まったオジサンは、サキのホットパンツとパンティーを脱がした。

以前の派手な下着とは違うシンプルな下着は似合わないと言いつつ、露になったサキの女性器に尖らせた舌を突っ込み貪りついた。

さやかはそこで気づき、抵抗するが、直ぐ隣でかなえが寝ていて大声は出せなかった。

オジサンはこの状況を逆手にとり、抜いてくれたらすぐに出て行くと、サキの手を自分の勃起した愚息に導く。

さやかは声を上げるとオジサンに言うが、好きにしろとギンギンの男性器をサキのオマンコに擦り付けてくる。

オジサンが本気なのを察したさやかは、やむを得ずオジサンの硬くいきり立った竿をシゴきだす。

オジサンは久しぶりのサキの手コキを堪能している。

このままだとかなえに気づかれると焦り、さやかは本気のテクニックを使い射精させようとする。

竿を高速でシゴキつつ、片方の手のひらで亀頭を刺激した。

亀頭の先から我慢汁が溢れ出しもう少しと言うところで、かなえが声を出した。

起きたと焦ったさやかだったが、辛うじて寝言で助かった。

早くイケとオジサンに言うが、それなら挿入して早く済ませようと、勃起チンポをマンコにあてがってきた。

「元ヤンJKサキ」3話のネタバレ




さやかはオジサンにかなえに気づかれるからやめるように説得するが、聞く耳を持たない。

我慢汁が溢れている男根を生で強引に挿れようとしていた。

何とか抵抗していたサヤカだったが、かなえが寝がえりして気を取られた瞬間に、挿入されてしまう。

さやかは娘が隣にいるのにセックスする親父の気が知れなっかた。

しかし、久しぶりのチンポの挿入に快感も押し寄せてくる。

オジサンはサキの口を手で塞ぎ喘ぎ声を殺した。

かなえがいるのでゆっくり動かす腰つきが逆に刺激的だった。

サキの性感帯を知り尽くしているオジサンは絶妙な腰つきで責めてくる。

さやかは声を抑えるのに必死だった。

喘ぎをさやかは我慢できず、かなえに気づかれないように部屋を変えたいとオジサンに提案した。

しかし、オジサンは応じず、ここでかなえにバれないように射精させろと言い放つ。

サヤカは絶望する。

オジサンはウリしてたお前が堅気になれないと、罵る。

侮辱しながらサヤカに激しく腰を打ち付けるオジサン。

サヤカは段々と快感に持っていかれそうになり、ヤリ捲っていたあの頃の感覚が蘇ってくる。

かなえに見られるかもという状況が逆に興奮を高め、オジサンのチンポの刺激を求めてしまった。

かなえに申し訳ないと思いつつ、オジサンのチンポ、セックスの快感に絶頂する。

オジサンはサキの膣内に大量の精子を中出しし、良かったぞサキ、かなえに感謝しないとなと言いつつサキのヒクツクマンコを開きあふれ出る精液を眺めた。

すぐ側で寝ている親友に罪悪感を覚えつつ、さやかはかなえの親父のチンポマジ良いと絶頂に浸ってしまうのだった。

「元ヤンJKサキ」感想



⇑⇑⇑実質無料で読めるのはここ⇑⇑⇑

悪いことをしてるとこういうあり得ないまさかの事態が起こるものです。

何なんでしょうか?

反ね返りの法則。

因果応報。

良いことをしたら良いことが起こり、悪いことをしたら悪いことが起こる。

せっかく改心したのに・・・

一度覚えた快感は忘れられない。

タバコ、ギャンブル、セックス。

依存性はなかなか抜けないのです。

サヤカはかわいそうだけど、ストーリーはリアルで興奮しちゃう。

久しぶりの快楽に負けてしまう弱さ。

身に沁みます。

皆そうだよ。

そんなものだよ。

オジサンが良い味出してて、シチュエーションもかなりエロく良い感じで濡れちゃいますた。

「元ヤンJKサキ」を実質無料で読む方法

「元ヤンJKサキ」を読めるのは、2019年10月13日時点ではブッコミだけのようです。

ブッコミでは月額会員コースに登録すると、初月分は無料で月額分のポイントが使えるキャンペーンを行っており、払った月額と同じ分のポイントが貰えるので実質無料で読めます。

月額コースは300円から20000円まで幅広く用意されていて、20000円コースなら21600円分もお得に利用できます。

ただし、初月に退会してしまうと初月分の料金が請求されるので注意してください。

「元ヤンJKサキ」をお得に読みたいなら、500円コースがベストです。

2019年10月13日時点で3話完結作品ですので、全話読むには66円×3=198円かかるので、500コースに登録すれば実質無料で読めます。

実質の負担は2か月目に請求される540円だけで、1080ポイント+ボーナスポイントの54ポイント使えるので他のエッチな作品も数冊読めちゃうのでお得です。

>>>ブッコミ<<<

コメント

タイトルとURLをコピーしました