「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」8話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」は愛玩☆実験室に掲載されたすぺしゃるじー&チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

合コンで明らかにハズレの地味なちょいブスを流れでお持ち帰りしたら。

脱がせてビックリの超巨乳に抱き心地抜群のボディー。

性格も献身的で従順。

どんなプレイも嫌がらず性癖を満たしてくれる。

顔は40点で残念だけどそんなの忘れさせる120点の最高のカラダ。

欲情しない男はいない、勃起確実のエロボディーは必見です。

すぐに無料で試し読みするならこちら

すぺしゃるじー×チンジャオ娘の新作はこちら

「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」8話のネタバレ



⇑⇑無料試し読み⇑⇑

大学4年の俺は就活中だったが、結果は散々だった。

確かにここ最近は祥子と寝ることしかやっていなかった。

アパートに戻るとすでに内定が決まった祥子が俺の良い知らせを待ってくれているのだが、今日もダメだった。

祥子は俺に気を使い励まそうと、自ら服を捲りおっぱいを見せて誘ってくれた。

俺は現実逃避するように祥子のおっぱいをむさぼった。

赤ちゃんの様に乳首に吸い付く俺をあやすように励ましてくれる。

そしておっぱいを吸わせつつ、優しく手で男性器をシゴいてくれた。

祥子は卑屈になる俺を肯定してくれて好きでいてくれた。

授乳手コキでチンポが大きくなったのを見計らい、パンティーを脱いで自ら跨って挿入してくれる。

俺は動かなくてよいと、祥子は俺の上で腰を振った。

俺とセックスしまくったせいか、祥子の腰つきは絶妙で俺を満足させた。

祥子のハメ腰だけで俺は絶頂にたっし、祥子の膣内に精液を出した。

翌日、就活のことで焦って目覚めると、股間に快感を感じる。

祥子は俺を元気づけようと目覚まし代わりにフェラしていてくれた。

祥子に口淫されながら就活を後回しにしてる俺がいた。

「人をダメにするちょいブス顔40点、身体120点の彼女」8話の感想



⇑⇑実質無料で読むならここ⇑⇑

祥子ちゃんは良い子なのに男がダメ。

祥子ちゃんのせいにして自分が弱いだけ。

でも、こんなに尽くされたら勘違いもしちゃうかな。

女は匙加減も大事だよね。

好きになったら尽くしたい女性は多いから。

でも冷めるのも結構早いのが女。

男も女もタイミング良く行動しなきゃダメってこと。

 

>実質無料で読めるのはここだけ<

コメント

タイトルとURLをコピーしました