「カイカンドウキ」17話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「カイカンドウキ」は夜サンデーに掲載中の本名ワコウ先生の作品です。

丹羽資と幸野紬。

同じ大学出身で同期の二人は犬猿の仲。

馬が合わず張り合ってばかり。

二人を心配した同僚たちが企画した飲み会でも親睦は深まらず深酒した二人。

飲み会の帰りにひょんなことから縁結びのラブホに入室。

色々あって資が自慰。

なんか変。

資が射精すると幸野も絶頂。

カイカンが同期?

丹羽と幸野は心も同期できるのか?

クールな幸野のエッチな表情とカラダは必見です。

 

カイカンドウキを無料で読む方法はこちら

「カイカンドウキ」17話 キマズイ ドウキのネタバレ

日南と激しく愛し合う丹羽。

日南は卑猥に喘ぎつつ絶頂に達した。

行為の後、丹羽に体を任せ、日南はエッチするごとに良くなっていくと満足気。

対する丹羽は、楽しいはずの日南との営みも幸野にも快感が伝わっているという後ろめたさと、課長との不倫の事実を知りつつ一緒に仕事をしていることで心から楽しめないでいた。

課長と幸野が愛し合っていた会議室で、仕事をしていると、課長が抜けて幸野と二人きりになる。

幸野は丹羽の雰囲気を感じ取り、言いたいことがあるのなら言えばと顔も見ずに言った。

丹羽はとりあえず、日南との行為が続いて悪いと伝えると、恋人同士だから当然と気にしていないようだった。

沈黙の後、気になっていたことを切り出す。

なんで会社でシたのかと聞く。

幸野は食い気味に、会えない日があって、真面目な課長が埋め合わせでそういうことになったと答えると話題をそらし退室しかけた。

丹羽の聞きたかった答えではなく、モヤモヤしたままの丹羽はつい不倫なんてやめろと幸野に行ってしまう。

幸野は丹羽に冷たい視線を送り無言で出ていった。

丹羽は余計なことを言ってしまったと後悔する。

丹羽の一言でイライラ」が収まらない幸野は何か思いつき笑みを浮かべ女子トイレに入った。

仕事が終わった丹羽に幸野からハートのメールが届く。

同時に丹羽に快感がシンクロ。

会社で絶頂に達したらまずいと慌てて人目に付かない場所を探す。

男子更衣室の用具入れに身を隠し安堵した丹羽だったが、よく見ると女子更衣室だったことに気づく。

そこには日南もいて見つかったら終わりだった。

そして、なぜか幸野もそこに。

落ち着いて考えると、快感のシンクロも最初だけで、さっきの仕返しに幸野にはめられたことに気づく丹羽だった。

 

「カイカンドウキ」17話感想

思わず幸野に不倫のことを言ってしまった丹羽。

何とも思っていない人なら口にしないはず。

幸野のことを心配していたり、別の感情があるとしか思えない。

そうなると日南がめちゃくちゃ可哀そう。

あんなに愛し合ってラブラブなのに。

女子更衣室に隠れている丹羽はどうなるのか。

見つかったら変態扱いされて会社にいられなくなる。

慌ててたとはいえ、おっちょこちょいすぎる。

 

カイカンドウキを無料で読む方法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました