「オレは妻のことをよく知らない」3話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「オレは妻のことをよく知らない」は原作ロドリゲス井之助、作画八月薫先生の作品です。

妻・瑠璃子の誕生日。

宮沢は不倫相手をホテルで何度も抱いていた。

そんな中、瑠璃子が列車に飛び込んだと知らせが入り・・・

妻の突然の死に戸惑う夫。

遺書もなく、瑠璃子の行動の真意が掴めなかった。

オレは妻のことをよく知らない・・・・

瑠璃子の遺品のスマホを見た宮沢は妻のもう一つの顔を知ることになる。

徐々に明らかになってくる瑠璃子の素顔。

激震の愛憎人妻不倫ミステリーは必見。

「オレは妻のことをよく知らない」を無料で読む方法はこちら

「オレは妻のことをよく知らない」3話ネタバレ

和司にスタンガンをかましたフードを被った女は、倉庫に入ると宮沢の顔を覆った布をはがした。

宮沢は息をつき見上げるとフードの女性は近田尚美だった。

尚美に助けられファミレスで話をする。

尚美は葬儀の後、連絡のない宮沢を尾行してて偶然あの現場に居合わせたと言った。

尚美は宮沢があの後必死に探していたスマホのことを聞く。

宮沢は妻のスマホに自分の知らない妻の姿があったことを説明する。

尚美はそんなものだと感心を示さずに、唐突にセックスを誘う。

表ではバイクに乗った男が宮沢たちを隠し撮りし走り去る。

男はアパートの一室に戻ると宮沢の不倫現場のデータを保存しているパソコンを開く。

宮沢と尚美はホテルに向かい愛し合っていた。

事を終え、宮沢は尚美に激しいのが好きだといった。

尚美は宮沢の激しい一面を奥さんが知らないと思うだけで濡れると言った。

一方、スタンガンで気絶していた和司を巡回中の警官が発見。

和司は襲われたことを話すが、警官は和司の車の中のロープなどを見つけると連行された。

尚美と別れマンションに戻った宮沢。

人気を感じ妹の華蓮だと思ったが知らない男がゲームをしている。

そこへ下着姿の華蓮が現れ、彼氏の修太も一緒に暮らすことになったと言い出す。

宮沢は聞いていないと華蓮に言うと、ふてくされて部屋に戻っていく。

警察署では現場の防犯カメラに和司が宮沢を運び込む姿が映っており事情聴取されていた。

和司は宮沢がストーカーだと訴え、警官の問いに佐江子は婚約者だと答える。

宮沢は和司と瑠璃子の関係を考えつつ、改めて自分の知らない瑠璃子のことを考える。

瑠璃子のスマホの和司以外の履歴を覗くと、卑猥なやり取りを目にし絶句する。

その頃、トイレから華蓮の彼氏の修太が宮沢の様子を何者かにメールで伝えていた。

「オレは妻のことをよく知らない」3話感想

めっちゃ複雑になってきました。

不倫相手の近田尚美がタイミングよく現われ助かった宮沢。

尚美と会っているのを隠し撮りするバイクの男。

華蓮の彼氏の修太。

どういう関係なのか気になります。

修太がスマホ見てますと連絡を入れていたのが、バイクの男でしょうか。

だとすれば、和司のところに宮沢を向かわせるように仕向けた?

尚美とまだ付き合ってるのかという言葉も引っかかる。

バイクの男と尚美は関係ないことになる。

妹の華蓮は利用されているだけのような気もする。

結局何も推理できません。

 

「オレは妻のことをよく知らない」を無料で読む方法はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました