「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」は愛玩☆実験室に掲載された小桜クマネコ×チンジャオ娘先生のオトナ作品です。

目に入れても痛くない。

中間管理職の中村は愛娘の陽葵を宝石のように大事に育てて十数年。

陽葵はスタイル抜群でアイドルのようなルックス誰もが羨む少女に育った。

ただ、どうしても府に落ちないことが中村の頭の片隅にあった。

今までに自慢の娘を紹介する機会が幾度とある中、自分に似てると言われた事が一度もない・・・

「俺の子か?」

そんな疑念が沸々と膨れ上がった中村は疑念を晴らすべくDNA鑑定を依頼する。

突きつけられた判定は赤の他人。

手塩にかけた娘は俺の娘じゃなかったのだ。

中村は妻の十数年に渡る裏切りに絶望。

どうしようもない怒りの矛先は愛娘の陽葵に向けられた。

「娘じゃないなら…ヤってもいいんだよな」

血の繋がりがないと分かると、あんなに可愛かった手塩にかけた娘が、あどけない顔だちのエロいカラダの女に見えてくる。

そして・・・

中村は手塩にかけた娘・陽葵の無垢なカラダを穢した。

罪のない陽葵を穢すことで惨めな人生を忘れたい・・・

陽葵にとっては大好きな父親のまま・・・・

血のつながらない父親で女の悦びを知った・・・

血の繋がりのない父娘の家庭内不倫交尾は必見!

先行配信ですぐに読めるのはここだけ

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」1話ネタバレ 娘がだだのメスになった日ネタバレ




しがないサラリーマンの中村俊樹。

勤続20年にしてやっと主任に昇進したものの、追い抜いて行く後輩たちも多く社内での肩身は狭かった。

そんな居心地の悪い職場で中村が頑張れるのは、何よりも大事なものがあるからだった。

それは自慢の愛娘、陽葵。

こんな俺を慕い、優しく接してくれる唯一の存在だ。

俺に似つかず、愛くるしい童顔美人。

彼女の屈託のない笑顔に何度救われことか。

彼女の成長する姿を見ることだけが中村にとっての生き甲斐なのだ。

そんな可愛い陽葵だったが、昔から気がかりなことがある。

自分と全く似てないのだ。

面影など微塵もない。

思い返すと妻は自分と付き合う直前まで他の男と付き合っていたし・・・

中村は考えても答えのでない心の取っ掛かりを取り払うべく、DNA鑑定に踏み切った。

結果は・・・

父親の確率0%

手塩にかけた娘が俺の娘じゃない。

まさかの赤の他人という結果に絶望する中村。

沸々と沸いて来る行く場のない怒り。

あんなに大事だった陽葵が只のエロイ体の若い女に見え出す。

陽葵の汗の匂いに交じった若い女独特のフェロモンが、セックスレスで忘れかけていた性欲を一気に昂らせた。。

学校から帰ってきた陽葵のムッチリした制服姿に欲情した中村は、無理矢理押し倒した。

陽葵のはち切れそうな制服のYシャツを強引にはだける。

若くて張りのある乳房は仰向けでも巨乳とわかるボリュームでピンクの乳輪は白い肌によって卑猥に見えた。

中村は娘に事実を告げると、拒む愛娘に半ば強引すぎる理屈を強要した。

理性が吹きとんだ中村は、陽葵のスカートをまくりあげると久しぶりにいきり立った男性器を、無理矢理挿入した。

理不尽な行為を肯定するために、俺の子だと思って手塩にかけて育てた・・・・自分が費やしてきた人生を非のない陽葵に恩着せがましく押し付けつつ、赤の他人となった少女の処女の膣の快感を味わうのだった。

こうして、手塩のかけた娘はただのメスとなった・・・・

「手塩にかけた娘が俺の子じゃないと判明したので」感想



惨めな父親に同情

職場で何をしてもかなわないと気づき始める。

自分には能力がない。

面白くもない仕事を続けられるのは家族を養うという責任感だ。

そんな一家の主もたくさんいるだろう。

でも、唯一の生きがいだった娘が赤の他人だったとしたら、これほど惨めなことがない。

生みの親より育ての親なんて言葉もあるが、それとこれでは全く意味が違う。

自暴自棄になって当然。

怒りが娘に向けられるのは逆恨みだしダメだけど、何か同情しちゃいます。

陽葵のムチエロなカラダ

陽葵の発育の良さは他人だったら手を出しちゃう。

出るとこは出た女性らしいカラダと若さゆえのムチムチ感がエッチ。

華奢なのに巨乳。

制服姿も最高。

童顔な感自とのギャップもいいですね。

今すぐ読めるのは先行配信中のここだけ

コメント

タイトルとURLをコピーしました