「子産み島 週7で産めるメスたち」3話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「子産み島 週7で産めるメスたち」は愛玩☆実験室に掲載された青水庵先生のオトナ作品です。

青い海、青い空に白い砂浜。

日常を忘れさせる別世界。

ここは世間からも忘れられた離島。

牛比島と呼ばれるこの島は、はるか昔から村ぐるみで女をエロくする風習が引き継がれていた。

ここに住む女性はルックスもスタイルは抜群で、本能レベルで男に従順。

男に尽くすことこそが幸せなのだ。

何より、子作り用に品種改良を重ね進化した島の女は毎日でも出産できる最高のメスだった。

しかし、島内での近い遺伝子でまぐわってきたツケにより、外の遺伝子じゃないと子供が生まれないことに島民は焦っていた。

そんな中、離島めぐりが趣味の教師、尾崎誠一はこの島に降り立っていた。

牛比島の村長にあることを頼まれて島の学校に転勤してきたのだ・・・・

島育ちの褐色巨乳女子学生が卑猥なカラダで誘惑!

色気ムンムンの人妻の従順なご奉仕に興奮!

超名器の少女のオマンコで悶絶!

南の島で最高のメスとの子作り交尾は必見!!

♡試し読みはこちら♡

「子産み島 週7で産めるメスたち」3話ネタバレ



⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑

巨根に目を丸くする

このみは快感に耐えきれず椅子から降りて床にへたり込む。

俺の股間は我慢の限界。

短パンを持ち上げている勃起チンポをさらすようにこのみの前に立った。

このみが無意識に短パンに手をかけると跳ね上がるように俺の巨根が露になる。

このみは巨根を目を丸くして凝視する。

初めて見る男性器がビッグサイズだったことよりも、自分を女にしてくれる期待にカラダが反応した。

巨根を見ているだけでひれ伏したくなるような気持ちと、大きい男性器の優れたオスに抱かれたいという欲情がこのみを包んだ。

自分なんかが咥えてもいいのかという謙虚な気持ちを遺伝子の欲求が上回る。

長い舌でだ液まみれの献身的なフェラ

このみは反り返る大きな男性器の裏筋に長い舌を這わせ、ゆっくりと咥えた。

俺は長い舌を絡ませつつ多量の唾液と絶妙な唇の締め付けのフェラの快感に酔いしれる。

このみはチンポを咥えているだけで充実感と快感を感じて夢中で奉仕を続ける。

このみは男性を求めるあまり、えづくほど喉奥まで咥え込みつつ舌を這わせた。

完璧な容姿のJKの多量の唾液でのディープスロートは、フェラでイッたことのない絶倫男を感じさせた。

さらに、陰茎の根元から亀頭まで長い舌で舐め上げて咥え込んでから卑猥な音を立てながらのバキュームフェラされると射精感が込み上げた。

俺はこのみの頭を強引に両手で押さえて欲求のまま喉奥に長い射精を放った。

このみは濃厚な精子をお口で受け止めると女の悦びを感じ潮を吹いて絶頂。

男を喜ばすこのために生まれ育ってきたことを実感した。

大量の精子の大半は飲み干したが、飲み切れなかった精子が顔と乳房に飛び散った。

今なおそそり立つ誠一の巨根をうっとりと見上げつつ幸せな気持ちに包まれる。

そして、誠一にセックスしてと懇願するのだった。



♡エッチな褐色エロボディーが最高♡

 

産み島 週7で産めるメスたち」3話感想

子産み島3話は一気にエロくなりましたね。

このみのフェラは超エッチでした。

完璧なルックスとスタイルに若いカラダ。

男を立てる女性らしさも加わったところに献身的なフェラ。

表情が最高です。

この人を喜ばせたいという愛が伝わると何倍も気持ちよいのです。

♡試し読みはこちら♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました