「子産み島 週7で産めるメスたち」7話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「子産み島 週7で産めるメスたち」は愛玩☆実験室に掲載された青水庵先生のオトナ作品です。

青い海、青い空に白い砂浜。

日常を忘れさせる別世界。

ここは世間からも忘れられた離島。

牛比島と呼ばれるこの島は、はるか昔から村ぐるみで女をエロくする風習が引き継がれていた。

ここに住む女性はルックスもスタイルは抜群で、本能レベルで男に従順。

男に尽くすことこそが幸せなのだ。

何より、子作り用に品種改良を重ね進化した島の女は毎日でも出産できる最高のメスだった。

しかし、島内での近い遺伝子でまぐわってきたツケにより、外の遺伝子じゃないと子供が生まれないことに島民は焦っていた。

そんな中、離島めぐりが趣味の教師、尾崎誠一はこの島に降り立っていた。

牛比島の村長にあることを頼まれて島の学校に転勤してきたのだ・・・・

島育ちの褐色巨乳女子学生が卑猥なカラダで誘惑!

色気ムンムンの人妻の従順なご奉仕に興奮!

超名器の少女のオマンコで悶絶!

南の島で最高のメスとの子作り交尾は必見!!

♡試し読みはこちら♡

「子産み島 週7で産めるメスたち」7話ネタバレ



⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑

所構わずイチャラブセックス

お風呂でのこのみとのエッチでようやくオレのチンポの勢いも一旦落ち着いた。

身体を拭きつつ、このみにちゃんと布団で愛し合ってないと催促されると、萎えていたチンポが再び起立した。

早く着替えて部屋に行こうと誘うが、このみが可愛すぎて脱衣所でエッチを始めてしまう。

立ちバックで突くたびに母乳が溢れ出て喘ぐこのみ。

もう俺たちは相思相愛で、探り合ったり理解し合う工程は不要でいつでも交わりたいのだ。

必然的に日常での性行為が増えていった。

このみは喘ぎ声が母親に聞こえてたか気にしていた。

俺はそのために俺が来たことは村中で知っているからバレても問題ないと思うのだが、母親に知られるのを恥ずかしがるこのみが可愛かった。

俺は近いうちに関係を報告しようと伝える。

このみはうれしそうに自分の部屋でお布団でエッチしようと促す。

このみは階段を上ってる最中も俺に愛情を言葉で伝えてくる。

こんなエッチなカラダのJKに求められている現実。

このみのケツが目のまえにある。

俺は部屋に着く前に欲情を抑えきれず、階段を上るこのみのTバックのショーツをずり下げるとオマンコを指で押し広げた。

このみはまだ部屋じゃないお母さんにバレると拒んだが、俺の興奮は冷めなかった。

その時、妹のりあなが部屋から出てきた。

顔を赤らめたりあなは、俺にこのみとエッチしたか確認してきた。

俺はバツが悪かったが認めるしかなかった。

りあなは俺たちの行為は丸聞こえで、お母さんも知ってると怒っている。

りあなは子産み島の風習をよく思っていない今時世代のようで、このみの拡げてる女性器を閉じてと言った。

このみは後継ぎのことや相思相愛でエッチしてることを説明するが、効く耳を持たないりあなは文句を言いつつ自室にもどった。

このみは俺のことを気遣って妹が本州に憧れていることを教えてくれた。

妹とは違いこのみはこのやり方が好きだと言い、男にひれ伏したいと男尊女卑のセックスを求めるのだった。

彼女の部屋で激しく愛し合う。

男尊女卑の強引なセックスをを覗き見してオナる妹

トイレで目が覚めたりあなはお姉ちゃんお部屋を覗き目が点になった。

脚を大きく開かされ極太の男性器が膣に激しく出し入れされていた。

初めて見る生のセックスに圧倒された。

馬乗りで太いの挿れられて暴力的に見えるりあなだったが、このみの感じて上ずった喘ぎ声を聞くとメスの部分に気づかされる。

気づくとセックスを夢中で観察し、手は自分の女性器を慰めていた。

激しいセックスに興奮して自分も島の血が流れてると思うと嫌になって、その場を後にした。

りあなは本当に良いのかお母さんに聞こうと部屋に向かった。

そこでりあなが目にしたのは、極太のバイブをオマンコに押し込んで慰める母の姿だった。

母もまた知っているのだ。

男の味を。

島の男が出てから欲求不満のカラダにこのみたちの喘ぎ声にかおりも欲情していた。

かおりはパンティーでバイブを抑えながら自ら両脚を抱えて隠語をつぶやきながら潮を吹いて絶頂した。

りあなは母のオナニーを見ながら自分にも血が流れてることを確信しつつ再び自慰に更けた。



♡エッチな褐色エロボディーが最高♡

産み島 週7で産めるメスたち」7話感想

激しいエッチを家族に見られるとかエロ過ぎます。

階段でとか見られるかもっていうシチュエーションはドキドキで興奮度が増しますからね。

かおりさんの男の味を知りながら、娘の善がる声を聴き欲求不満な夜に自らを慰める姿がセクシーでした。

妹のりあなもなんだかんだ言ってめちゃくちゃガン見してオナる。

一番エロそうな感じがします。

 

 

♡試し読みはこちら♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました