「僕の彼女は公衆ビッチ便女」1話ネタバレ&感想

一般



この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「僕の彼女は公衆ビッチ便女」は愛玩☆実験室に掲載された遊廓民のオトナ漫画作品です。

冴えない男子高校生の真哉は浮かれていた。

それと言うのも、真哉にはもったいないレベルの美少女、町田香織と付き合い始めたからだ。

清楚でありながら、女性らしいカラダ付きの魅力的な彼女。

ところが、香織は男子生徒の間では公衆便所と呼ばれている噂を耳にする。

噂の元になっている動画には、見たこともない表情で卑猥に乱れる香織の姿があった。

信じたくない僕は自分の目で確かめるべく、彼女の監視を始めた。

制服姿で先輩や校長と・・・

彼女が他の男とまぐわう姿を監視し続けた結果・・・

ピーピングトムの歪んだ性癖は必見です!
♡♡試し読みはこちら♡♡

「僕の彼女は公衆ビッチ便女」1話ネタバレ



⇑⇑今すぐ試し読み⇑⇑

彼女の裏の顔は公衆便女

僕は普通の高校生真哉。

イケメンでもないし勉強やスポーツが優れてもいない。

そんな冴えない僕だが遂に人生初の彼女ができた。

彼女の名前は町田香織。

僕とは釣り合わない位のルックスとプロポーションの持ち主。

理由はわからないけど、こんな僕にも優しく接してくれて好きだと言ってくれるのだ。

僕は彼女と学校や帰り道に一緒に話しているだけで幸せだった。

そんな幸せな日々が続いていたが、ある日友人から、彼女の衝撃の噂を耳にする。

噂によると、香織は一部の男子から公衆便女と呼ばれているらしかった。

頼めば誰でも股を開く婬乱だと言うのだ。


⇑⇑試し読みはこちら⇑⇑

普段の彼女からは微塵も想像できない噂に僕は誹謗抽象にも程があると信じられないし、怒りを覚えた。

僕は噂を流してる奴を突き止めると、噂の元になっている動画を見せられるのだった。

動画を見ると信じられないけど、確かに香織と思われる少女がハメ撮りして卑猥な言葉を口にしている。

ベットの上で恥ずかしげもなく巨乳を露にして、男の精液を腹に出され、卑猥な言葉で誘っている香織の姿に僕の股間はギンギンに膨らでいた。

僕は真相を突き止めつため、彼女の尾行を始めた。

「僕の彼女は公衆ビッチ便女」1話感想

可愛い彼女ができて浮かれてしまう男。

よくある話で、そんな上手い話には裏があるもの。

ヤリマンぐらいならラッキーですね。

本気で好きなら傷つくけど。

それよりもピーピングトムで興奮し始めるのがエッチ。

性癖っていつ目覚めるかわからない。

彼女が他の男に抱かれるのを見ながらエッチするのは興奮。

受け入れてくれる彼女も変態過ぎてエッチでした。

 

♡♡試し読みはこちら♡♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました