「同棲中の彼女のギャル妹が僕とこっそりセックスしたがる話」1話ネタバレ&感想

一般
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「同棲中の彼女のギャル妹が僕とこっそりセックスしたがる話」は愛玩☆実験室に掲載されたきれいなお姉さんは好きです会のオトナ漫画作品です。

彼女と同棲をスタートした俺には悩みがある。

彼女との二人っきりを彼女のギャル妹・絢夏が邪魔するのだ。

しかも、エッチないたずらでからかうのだからたまったもんじゃない。

そんなある日、風呂上がりの無防備な姿で眠るJKの義妹に欲情した俺は・・・

眠る絢夏のエッチなカラダをオカズにオナニーしてしまう。

しかも、その時絢夏は気づいていて・・・

精子に発情したJKにセックスをせがまれて・・・

我慢の限界で手を出してしまうオレ。

JKのパンチラに勃起!

彼女にバレそうでドキドキ!

同棲中の彼女の目を盗んでする秘密の性行為は必見です!

⇓リンク先で同棲中彼女を検索⇓

♡♡試し読みはこちら♡♡

「同棲中の彼女のギャル妹が僕とこっそりセックスしたがる話」1話ネタバレ

同棲生活を邪魔する義妹JK

学生時代からの彼女・里沙と交際してから3年。

社会人となった俺たちは親公認で同棲生活を始めた。

お互いに真面目で地味な性格の俺たちはインドア系同士で気が合った。

しかし、二人きりの楽しい毎日を邪魔する存在が現れる。

彼女の妹・絢夏。

JKの絢夏は家を出た姉を羨ましがり毎日のように俺たちの家に来ては入り浸るのだった。

絢夏は里沙とは正反対の性格でクラスの中心人物的な読モギャル。

それだけなら良いが、俺を生意気にからかってくるのが悩みの種だった。

今日も、制服のスカートをギリギリまでまくって生足を見せつけてきた。

すらりと伸びるJKのナマ脚を思わず見てしまう自分にも腹が立つ。

里沙に窘められる絢夏はソファーに座った。

黙っていると本当に可愛いJKなのだが、今度はソファーの上で膝を立て始めた。

ピチピチの太ももとパンチラに思わず視線が行ってしまうオレ。

隣に彼女がいるのにJKのパンチラがエロ過ぎて目が離せない。

絢夏に気づかれたが、何も言わずにわざと見せている様子。

その日の夜、絢夏はシャワーまで浴びると言い出しバスタオル1枚でうろうろしている。

一緒に入ると俺をからかうのだった。

眠る同棲中の彼女の義妹JKに欲情して自慰して

ふと気づくと風呂上がりの絢夏がキャミソールとパンティーだけの無防備な恰好でソファーで寝ている。

パンティーに浮かぶJkのマン筋に不覚にも勃起する俺。

そのタイミングで里沙が風呂に入った。

無防備な絢夏のマンコがそこにあると思うと・・・

俺は自ら勃起したチンポを取り出していた。

スヤスヤ眠る彼女の妹の前でチンポをシゴく。

キャミを静かに上にたくし上げるとDカップはあるだろう大きな乳房とピンク色の綺麗な乳輪が露になる。

Jkのおっぱいに手を出してはいけない相手という状況が俺を興奮させる。

俺は絢夏のパンティーもずらしオマンコを拝みながらさらに手の動きを速めた。

Jkの生マンコに射精感が込み上げ絢夏の腹の上に精子が飛び散った。

絢夏がんん・・とうなりあわてて拭きとってその場を後にした。

紅潮した絢夏が俺が去った後目を開けていることには気づかずに・・・

数日後。

俺が寝てると誰かが上に乗っかかってきて目が覚める。

絢夏だった。

もう昼だと里沙の所在を聞いてきた。

俺が出かけてると言うと二人っきりになれたと喜ぶ絢夏。

おもむろに服をぬぎ、ピンクのキャミとパンティー姿で俺に跨る。

そして可愛い義妹を襲うチャンスだと俺を煽るのだった。

さらに綺夏はキャミとパンティーまで脱ぎだし全裸で俺を見つめる。

Jkの裸に一瞬で大きくなる俺の股間。

義兄さんセックスしよと絢夏が囁いた。

「同棲中の彼女のギャル妹が僕とこっそりセックスしたがる話」1話感想

義理の妹ってなんだかエッチです。

義理と付くだけで別にエッチしてもいいような気さえする。

しかもJkでエロいノリ。

我慢できるはずないよね。

寝てるときにオナニーっていうのもエッチ。

やってるほうは興奮するよね。

寝てる彼のチンチンをフェラしたときはいつもより勃起しなかったけど、気づいた時にギンギンになって興奮してたな。

気づいてたらやられるほうもやっぱりドキドキする。

起きてるってすぐバレそうだね。

⇓リンク先で同棲中彼女を検索⇓

♡♡試し読みはこちら♡♡

コメント

タイトルとURLをコピーしました