彼女のお母さんに童貞を奪われる話1あらすじ&感想

同人
この記事は大人の表現が含まれますので性的表現が苦手な方や18歳未満の方はご遠慮ください

「彼女のお母さんに童貞を奪われる話1」は大島あき先生の同人作品です。

幼馴染の結衣ちゃんはのお母さんに筆おろしされる話です。

性に興味津々の結衣ちゃんに持ち掛けられて彼女の前でオナニーするのが日課。

恥ずかしさより興奮の方が上回ってきた。

そんなある日、彼女のお母さんに童貞を奪われた。

授乳期の人妻のエッチな丸みを帯びたカラダ!

母乳が滴る巨乳を吸いながらのあまあまな手コキ!

早漏過ぎる初挿入中出し!

母性本能全開の彼女のお母さんは必見です!!

彼女のお母さんに童貞を奪われる話1

「彼女のお母さんに童貞を奪われる話1」画像

♡続きを読む♡

「彼女のお母さんに童貞を奪われる話1」あらすじ

幼馴染の結衣ちゃんは性に興味津々。

結衣ちゃんに僕の自慰を見たいと言われて・・・

恥ずかしかったけど断り切れず結衣ちゃんの前でオナニーした。

食い入る様に男性器を見つめる結衣ちゃんの視線。

一人でするより見られながらの方が興奮した。

それから毎日結衣ちゃんの前でオナニーするのが日課になった。

いつものように結衣ちゃんの家に行くと彼女のママがいて・・・

結衣ちゃんママは赤ちゃんがいて大忙し。

僕はお手伝いできることがあったら何でもやると何気なく伝えた。

そしたら、おっぱいを吸ってほしいと言われて僕は焦った。

おばさんのおっぱいは母乳でパンパンに張っていた。

乳頭からは母乳が垂れている。

僕はおばさんに促されて乳輪を咥えた。

懐かしい感覚。

幸せな気持ちとは裏腹に、僕はおばさんの巨乳に興奮し男性器が痛いくらい膨張してしまった。

おばさんが勃起してるのに気づく。

おばさんはあらあらと僕の我慢汁が滴る陰茎を握ると包皮を剥いてくれた。

おっぱいを吸ってくれたお礼だと陰茎をシゴいてくれた。

初めて味わう自分以外の手の感触。

僕はおばさんのおっぱいを吸いながら手コキされて今までにないくらいの射精の快感を覚えた。

射精後もギンギンの僕の男性器。

おばさんは僕の上に跨って童貞を奪ってくれた。

初めての挿入。

陰毛から覗く卑猥な溝に沈んでいく男性器。

ヌルヌルとうねる様な膣壁の感触。

おばさんが腰を動かした瞬間、僕は耐えきれず膣内に射精してた。

おばさんはそんな僕に愛おしそうにキスしてくれた。

濃厚なとろけるようなキス。

授乳中は妊娠しないからと僕を安心させてくれる。

おばさんも旦那さんとご無沙汰らしかった。

そう僕に前置きをすると、腹に打ち付けるように激しく尻を振りだした・・・・

♡続きを読む♡

「彼女のお母さんに童貞を奪われる話1」感想

女性ホルモン全開の授乳期の人妻がエッチです。

おっぱいの張り加減、肥大した乳輪、少し丸みを帯びたカラダは最高。

母性本能も一番強い時期。

娘の幼馴染もかわいく思える。

授乳手コキからの筆おろし展開。

定番だからこそハズレなし。

結衣ちゃんとの親子丼も楽しみです。

彼女のお母さんに童貞を奪われる話1

コメント

タイトルとURLをコピーしました